2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

回顧 2 by kojikoji

 【16//2008】

G(ギター)さんとD(ドラム)さんが以前一緒にやっていたバンドのオリジナル曲のはいったMDを事前に郵送してもらっていた。
この日はそこから1曲と、Vo(ヴォーカル)さんの希望で
ジャニス・ジョップリンの曲を1曲、やる予定だった。
あとは、適当にやろうとなっていた・・・かな?

セッティング
とくに会話はない。
Vo. (ヴォーカル) マイク音量調整 OK
B. (ベース) アンプのイコライジング OK
G.さんは新しく買ったエフェクターに苦戦していた。
D.さん・・・こっから長かった・・・・(汗)
カーン カーン ドッ ドドッ タラタドゥン タカタドゥン・・ 
かん高いスネアの音が不定期に続く。耳に痛い。
まだやるか?というほど続く。
スネアが終わるとバスドラだ。まだ、タムの類が残ってる。
20時に集合してからすでに30分が過ぎようとしていた。

ベースの運指練習をしていたがさすがに飽きてくる。
Vo.さんは、この日にそなえ用意していた歌詞を見ては、
足元に置き、見ては置きを繰り返していた。
G.さんがリーダーなんだろうけど特に発語もなし、仕切る様子も無し。
なんらかのソロを弾いてはチラリチラリD.さんを窺う。
D.さんはG.さんにしか話しかけない。人見知りなのか・・?  それにしても・・・
GとDは旧知の仲で普通で居られるんだろうけど
2回目のオレと初回のVo.さんは、お二人のあいだにできる世界に入って行けない。
気さくに呼んでもくれないし、
こちらとしてもガツガツ入って行く厚かましさもない。
義妹の友人が来たときもそうだったが、コミュニケーションがとりづらい・・・・・・
(今にして思えばこのときのVo/miyan、よくぞ耐えたもんだ)

やおら
8ビートな基本リズムが鳴り出す。明らかにさっきまでの叩き方ではない。
ギターリフが重なる。
“なんだ?なんだ?こんな曲あったか?”
Vo.さんもわけがわからない様子。
ピタッ  音が止む。
またまたスネアのチューニング・・・
すると
今度は違うリズムが鳴り出す。Gが合わせる。
“オイオイ何をやるのか言ってくれよぉ”
簡単なリフだったのでGさんの左手を見ながら、適当にボボン、ボボン、とベースを入れてみる。
なんの曲かは判らない・・・。
Voさんの膝が動いているのが視界に入った。愛想笑いではなく、愛想リズム(?)をとっていた。
“こうでもしないと・・・”って感じだ。カワイソウニ・・・
ピタッ
また止む。
「何やったんですか?何しますのん?」おもわず口をついたが、聞こえてないらしく返事が無い。
すると
「私、何、歌ったらいいですか???」
よく通る声でVo.さんが言った。遠慮がちな言い方だったが、さすがにしびれをきらしているんだと共感できた。今度はG.さんの耳に入ったか。。。
ギクシャク・シドロモドロなやりとりの後ようやくセッションが始まった。

入念この上なくチューニングされたドラムセットからは、これぞロックのドラムだって感じの音が飛び出してきていた。
“うまいんだけど・・話しづらいなぁ・・この人・・”
イントロはドラムのみ、J・ジョップリン「MOVE OVER」
ヴォーカルさん、歌いだす。
にわかベーシストはただ低音を出しているに過ぎない。テキトーにあわせながら、興味はVo.さんにあった。
“ツヤのあるいい声だ”
“こんな声好きだなぁ”
“いいじゃん”・・・・・・曲をやりだすとさっきまでのイライラは薄らいでゆく。

リハが終わり、お茶でもしようかとなる。近場を徘徊するが、土曜日の天王寺、どの店も満席。
少し離れた店までG.さんの車で移動することに。
駐車場へ向かう。
「ここで待ってて」
ビルの間から見える立体駐車場まであとすこしのところでGさんが言う。
「車、とってくるわ・・・」Dさんが付いて行く。

残された えせベーシストと主婦ヴォーカル。
バンドマンにありがちな会話をする。
「どんなん、聴くんですか?」
「バンド歴、長いんですか?」
「他にバンドされてますのん?」
「家、どちらですん?」「仕事は・・?」

のどが渇いていた。コーラが飲みたかった。繁華街のアスファルトの余熱。暑い8月の夜。

「・・・このバンドって、どんなバンドなんですか?」彼女が言った。
「よぉ分からんのですが・・・僕は個人的には何でもやってみたいんですよぉ・・」
「例えば?」
「歌謡曲みたいなんも、いつかはしたいですねぇ・・」正直に言った。
「えっ!?歌謡曲って!?!?!?」
歌謡曲という単語に彼女が反応し、目のいろが変わった。

車、まだかなぁ~的な空気が
まだ車来なくていいよ~的な空気に変わった。

                                    つづく

Category: 回顧

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

くっくっくっ

ありがちな話っすね。
いい年こいて活動続けてる人なんて、やたらとよーしゃべる人か、
人付き合い…ってか人間関係×って人か。
上手くてもコミュニケーションとれない人とはバンドはデキネーっすね。

御唄担当殿。
鈴○先生に伝言頼みます。
『テヅカヤマ』昼の部あれば、ついでに場違いでなければお声掛けくださいって。
↑メールでやれ~ってかw

Posted at 11:26:24 2008/02/17 by でぶでぶ

Comments

>姉さん

このコジコジも最初は
取っつきにくい奴だったみたいです。
miyanが言うてました。
「最初は怖かった。目、あわせてくれんかった」って。
いろいろありますね。
もう少し「回顧」続きます。も・しばらくお付き合いくださいな。

Posted at 00:05:09 2008/02/18 by kojikoji

Comments

はいはいはいっ!!

>でぶりん姉さん
やたらとよーしゃべる人、ココにいます。(笑)

ちなみにリーダーとは最近やっと壁が薄くなってきたかなーどうかなーって感じです、リーダー、ショックかも??'`,、('∀`) '`,、

伝言承りましたっ。
ただ先生最近お忙しいようなんで、なかなか私もメールできずにおりまして・・。
明日でも伝えますー、別件もあるんでー。(>Д<)ゝ”

Posted at 00:33:02 2008/02/18 by miyan

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

次回実演予定!!

第七十七実演@吹田ジャズゴスペルライブ
2017年11月11日(土)
1stage⇒17:00~17:45 ワインバー リトゥム
2stage⇒19:00~19:45 カレー リーフ
観覧無料(お店のオーダーをお願いします)

是非ご来場を!!

【予告】
「明星ラプソディー vol.3」
2018年2月24日(土)夕刻
南森町D45

プロフィール

藍染ノスタルジー

Author:藍染ノスタルジー
お唄担当:miyan
ギター担当:kojikoji

唄は世に連れ世は唄に連れ。
この世の名曲をアコースティックの響きに乗せて。

※過去の実演記録はコチラ
(2017年9月10日更新)

※メンバー紹介はコチラ

※実演レポは
こちらにkojikojiレポ、
miyanレポは
http://pjc.blog77.fc2.com/
に掲載しております。

※Facebookページあります。
https://www.facebook.com/aizomenostalgie
いいね!をお願いいたします♪


実演等のお問い合わせは
↓のメールフォームをお使いくださいね。

YouTube

よろしければ藍染YouTubeからもいろいろ是非。(145動画アップ済)


【ご紹介動画】






twitter

メールフォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ