藍染色眼鏡。

大阪で活動中、『藍染ノスタルジー』の二人が綴る、眼に映る物映らない物。

約束の地 by kojikoji  

趣向を変えて、好きな曲を紹介する。
長いですが・・・

30歳を少し過ぎた頃だった。クラシックギターを習っていたがバンドがしたくて
雑誌『Player』を買う。
今じゃ、ネットサイトでバンドメンバーを探すのが当たり前だが、
僕らの若かりし頃は
楽器屋の貼り紙か、もしくはこの『Player』が常套手段。
何年かに一度くる「バンドやりたい病」
パソコンも結構流通してたし、募集サイトもあったかも知れない・・・
だけど、僕は雑誌を買った。

「G.B.D.募集。 U2コピーバンドやりたし。」
U2なんて名前しか知らなかったが応募してみた。
とりあえず、会って詳しく話ししたい・・・
数週間後、投稿者のVo.から連絡あり。
いきなりだが新規メンバーが揃ったらしい。
中津のスタジオで音出しする予定との由。

仕事の都合上少し遅れて行ったが、仲良くなれそうな野郎達がそろってた。
U2の曲、この日まで4曲コピーして行ったけど
どうにもこうにもピンと来ない。
“シンプル過ぎる・・”
ちと、退屈。

「オレ、いつかは、U2以外もやりたいんだけど・・・」って話したこともある。

月1回のペースでスタジオ入りを重ねる。課題曲もふえる。
次第に、ある曲が好きになっていく。
テク的には全く難しくないが、エフェクトの面では
素人では再現できない曲。

『Where The Streets Have No Name』 (邦題:約束の地)

ベース:ずーーっとルート弾き
ドラム:チチタツチチタツ・・ではなく、ちっちゃなタムをトコトコトコトコ・・ずっと叩いてる。
ギター:16分音符を刻む。ひたすら刻む。
オーバーダブされたギターは、曲想に広がりをもたらす。
「Big」や「Large」ではなく「Huge」な世界をつくる音色、フレーズ。

ヴォーカル、歌詞、メロ
男の歌だが汗臭くない。
静かで静かで、とにかく熱い情熱。
おしつけもなく、遠慮もない。
ただニュートラルにある固い意志。・・?

“U2ってシンプル過ぎておもろない・・・”
そう思っていたが、聴き方も変わっていった。

訳詩抜粋:
街々は洪水に襲われ ぼくらの家もボロボロになってしまう
うちのめされ風に吹き飛ばされ ぼくらは踏みつけられて埃まみれ
不毛の平原にそそり立つ
素晴らしい場所を
僕は君に教えてあげよう
そこではどの通りにも
名前がついてないんだ

名も無き通り
どの通りにもまだ名前がついてない
今も築き続け
そして愛を燃焼させる
燃えつきる愛
そこへ僕が行く時は
きみと一緒だよ
それがぼくにできるすべて






僕はビートルズが好きです。

ビートルズが教科書です。

ビートルズ好きな僕ですが・・・
このU2の『Where The Streets Have No Name』
数あるビートルズの名曲たちと比べても
大関、横綱級ではないかと・・・

ジョン・レノンが生きてたら、「やられたーーーーッ」って言うたかも・・・


一昨年の冬、埼玉までU2を観に行った。
コピーバンドやってたときのU2バカのヴォーカル(同い歳)と。
互いに忙しく会う機会もなかったが、年賀状のやりとりはつづけてた仲。
そいつに誘われて・・・埼玉。
Red Warriorsの出身地、埼玉。
会場の隣にはジョン・レノン・ミュージアムがあったが
時間がなくて寄れなかったな・・・
いつか行きたいぞ、ジョン・レノン・ミュージアム

初めてのU2体験。
ラッキー! アリーナ! 下手(しもて)花道の傍!
・・・てことは、エッジ(U2のギターさん)見れるじゃんっ!

定番のこの曲はこの日も終盤で演奏された。
「待ってましたーーっ!」
イントロ。大歓声。ステージのセット。照明。ひといきれ。
ただ、ただ、泣けてきた。

オールスタンディング・アリーナ(椅子なし)。
体力の衰えも感じる年齢。
だが、
夢中で生音を浴び興奮したのは何年ぶり・・だったろう。

狭苦しい深夜バスでよく眠れずなまま帰阪すると
ヴォーカルくんは
「U2のアンソロジー的な本が出てるらしいから・・」と
紀伊国屋へと向かって行った。
“どこまでU2バカなんだ・・・”
んでも、こいつのおかげでU2観れたんだな・・・

東京行きの新幹線のなかで
「アコギとヴォーカルで何か遊ぼうよ!」と誘われ
「ふん ふん そやな・・」と
答えていた僕は今、、、
別のヴォーカルさんと遊んでる。

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://aizome0706.blog98.fc2.com/tb.php/57-cbd774da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

次回実演予定!!

twitter

プロフィール

YouTube

メールフォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム