練習中 by kojikoji

こんばんは、コジリダですが
またまた記事投稿がご無沙汰になりかけてる今日この頃
「私を構成する9枚」も頓挫して
なにをやっとんねん
ですよね。

最近
専らクラシックギター曲の練習に取り組んでます。

26歳くらいの時にレッスンに通いだして
31歳くらいで別のHさんという方に師事して
そっから2年くらいどっぷりはまったんですが
お仕事の都合でレッスンに通えなくなって
レパートリーも増えることなく
今に至りますが。
レッスン受けてないにもかかわらず
H師匠からは「発表会やりますよー、よかったら参加してー」といったお誘いを
ちょくちょくもらってました。

観に行くだけだったり
お誘いをスルーせなあかんかったり
参加したり
しながら
また今年
お声掛け頂きまして

はいそれで
いま、とある1曲を練習し続けてます。

以前、参加させてもらった時に
用意した曲ですが
これまた
お恥ずかしいことに
本番中
スカッと忘れてしまって
演奏を止(と)めるという事をしてしまった曲です。

で、今回
も一回覚えなおして
汚名返上です。


なんですが

難しい

譜の音を見ていって
運指を練習
ゆっくりゆっくり音をつなげて
それなりのテンポで弾けるようになるまでが・・・

まぁ、それなりに音が繋がったとしても
それが
音楽とは言えない。

弾くのは
ただの
運動、動作

どんな音色を
どのタイミングで
とか考えると
キリがないのです。

弾くのも難しいが
奏でるのは
もっと難しい

楽器を歌わせることが音楽なんやろな

もしかしたら
ぼくはまだ
弾けてるレベルにも達してないのかもしれないのに

考えることだけは
いっちょまえ

うーーーむ

まだまだ
未完な出来ではありますが
来週の発表会に参加してきます。

category
kojikojiBLOG

Comment

アンプ、じゃなくて暗譜とは…

おお、リーダーは本格的にクラシック路線だったのですねえ。
僕の時代は教則本らしい教則本が楽器屋にはクラシックしかなかったので、
最初はクラシックから入りました。
NHK教育テレビの「ギター教室」で当時の先生は阿部保夫さん。
僕は小学生でした(笑)。
その当時、荘村清志さんは新進気鋭のバリバリの若手でした。

でもやっぱり時代の誘惑、小六の時点で拓郎にどっぷりはまり、
中学に上がるとナイロン弦がスチール弦に変わっていました。
その時点で独学でペンタトニックを発見(笑)。すぐにエレキに転向、
そして現在に至る…。人に歴史有り(笑)。曲がり道クネクネ。

ところで、藍染さんでもやらない暗譜(笑)、お疲れさまです。
良い演奏会になれば良いですね!
  • 2016⁄04⁄19(火)
  • 00:14
  • [edit]

楽器を歌わせることが音楽なんやろな

痺れました。
もはや感動に近い。

公言してる通り、自分は楽器全般何もわからないので、以下は歌の話ですが、しばし素人の持論にお付き合い下さい(笑)

*第一段階= 「間違えず、楽譜を再現できてます」レベル。
生意気なようですが、”だから何?”
と、いつも思うんです。
”んなもん聴かされて、何がおもろいのん・・??”  と。
音楽の先生じゃないので。

親友とか会社の上司とか、堅固な人間関係が背景にあるのなら、とりあえずは黙って聴いてて、拍手ぐらいはするでしょうが。

歌がお上手な人なんて、カラオケの会を開催すれば、一人や二人は必ずいらっしゃいます。
いまどき。

*第二段階= 「音を通じて、表現している」レベル。
自分はここから「プロ」と認識します。
ギャラとかチャージなんか、一切関係なく。

ここで大事な前提が一つ。
説明不要でしょうが、ボーカリストには、強力な武器=「歌詞」がありますよね。
「さよなら」「ありがとう」という歌詞があれば、それなりの情景は浮かびます。

対して、楽器奏者の方々は、それがない。
音色に「感情を乗せる」、「表情を付ける」
これは、ハンパでない難題だろうと想像します。

第三段階としては、「多くの聴衆が食い付く表現、そうでない表現」が来るんでしょうが、ここは不毛と思われるので、省略。

ともかく、この数年”何かの病気では?”と自分で自分が心配になるぐらい、あっちこっちのライブ会場にお邪魔しましたが、感情、表情、温もり、
もういっそのこと思いっくそ膨らませるなら、「人間味」。

自分なりに音色からそれらが伝わってきたギタリストは、リーダーを含めて、たったのお二人しか出会えてません。
(メジャーアーティストのバックを務める方々、つまりギター演奏が職業の方々は除く)

”弾くのはただの運動、動作”
同感です。
が! 過度に謙遜なさらず(笑)、どうぞ慌てず騒がず。

今のスタンスのまま、着実に進化なさってください。


余談:
この駄文のBGMは、これ↓(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=cxBAoOXiZSw
流し始めたのが先、記事を拝見したのが後です。
名曲は言うに及ばず、何度聴いても後奏に痺れます。
  • 2016⁄04⁄19(火)
  • 22:26
  • [edit]

ヨッシーさんへ

僕は本格的じゃないですよー
社会人になってやりだしてはまっただけですから・・・。
とは言え、興味をもったのは小3くらいだったか・・・?
クロードチアリなのか古賀政男か、それこそ荘村さんの姿を見ての憧れだったのかも。
中学校で初めて触ったのがクラシックギター。
でも、C万G千のモーリスを買ってもらって、
折しもNHKでやってた、アントニオ古賀さんと斉藤こずえの番組を観てました。

まぁ
ほんま、人それぞれありますなぁ・・・。
僕の場合は“迷い道クネクネ”
  • 2016⁄04⁄20(水)
  • 00:06

川崎さんへ

えーーーーー
川崎さん、ブログみたいな長文コメント
ありがとうございます。

んんんん
難しいですなななな。。。。
音楽の好みや解釈は人それぞれあるのでしょうが

ま、正直
動作だけやってて、それで音楽してるつもりかい?
みたいな上から目線の価値観は
自分に戒めてることでもあるし
人に対してでもありますが・・・。


ま、また
お話ししましょう!
  • 2016⁄04⁄20(水)
  • 00:23

遅かった

なかなかにフザけたこと書いてますね。私。
朝になって、削除しようと思って再度訪問しました。

今からでも消そうか迷ったんですが・・
もうリーダーにコメント頂いてしまってるし・・
そもそも個人的な価値基準を書いてるだけで・・・
一般論などでは決してなく・・

ほんと迷いましたが、このままにしておこうかと。
酔っ払ってる状態で文章を書くと、よくこの手の失敗をやらかします。
自己嫌悪。

つい先日の日曜日、某ブッキングライブ会場で、またまた出くわしてしまいました。
「強烈自己陶酔型」とでもいうのか(笑)
客席そっちのけ、約30人の人前で演奏し歌ってる”自分”、そういう状況下の”自分自身”が好きで好きでたまらないタイプ?(笑)
メンバーの方を指して「この人、150万もするギターを3本も持ってるんですよ。僕のこれは130万で・・」
それはそれは楽しそうでした。 壇上は。
何より大事なはずの演奏と歌声は、ご想像の通り。

そんな不快感も頭の片隅にあって、昨晩は筆が過ぎてしまったのかもしれません。
この2回目の書き込みで、更なる墓穴を掘ってる感もありますが。

そんなこんなで長々と大変失礼しました。
以降は十分注意します。
発表会、楽しんで来て下さい。
  • 2016⁄04⁄20(水)
  • 07:37
  • [edit]