今日はお仕事お休みで、
日がな一日藍染さんのことを考えておりました。

ご懸念の吹田の選曲、
まだ決まってなかったのな。

できるだけ過去の吹田で演ってないやつ・・
最近演ってないやつ・・

藍染さんのレパートリー、
現在79曲です。

なかなかに困難を極めます・・。


みたいなことを夕方、
色眼鏡ツイッターに打ってんけどね、
そのツイッターの件。

もともと、
色眼鏡の更新なんかそうそうでけんし、
日々ちょっとだけでも更新できたらええねゆうとこで
PC版色眼鏡にブログパーツとしてくっつけてるやつですが、

こーゆうスタンスで使ってるから発信専用でよくて、
フォロワー増やすとか全く考えてないし、
ツイッターでのお付き合いを他のSNSと別にとか「もう勘弁して」やし、
お友達もほぼリアルでのお知り合いだけにしてるし、

そんなゆるゆるやからツイートも止まりがちで、

だって藍染さん今月休んでるし、
miyanさんが桶屋行かないからネタがないのよw

そんな色眼鏡ツイッターなんやけども、
それでも時々「フォローされました」ってお知らせがあるのな。
「こんなとこなんでー」って思うわな。

それでもミュージシャンの方については
なんかで見つけてくらはったんやなーって普通に思うけど、

こないだ笑ったのが、
miyanさんのめっちゃ下のどっかの娘さん。

その娘さんとは
miyanさん個人でのお付き合いがあって、

本名はもちろん分かんないようになってるけど、
お写真みたら確実その娘さん。

なんで

なんでmiyanさんツイッターじゃなくてコッチなの??w

あと・・
どっかの町長さん・・

仕事上、
何度か場を同じくしたことはあるけど、
向こうさんはmiyanさんの本名も知らないはずだし、
「miyan」って源氏名は地元では一切伏せてるし、
運営してるのがmiyanさんだってことは全く知らないわけで、

一体どうして見つけはったのか。
フォローしたのはきっと、
うっかりフォローのんを押しちゃったんだろうとは思うけど、

とりあお二人方とも、
リアルで知ってるとは言え、
お友達にはならない方向にさせて頂いております。

娘さんには
今度会ったらゆおうかなって思うねんけどねw


昨年の年末にフェイスブックとゆうものを始めて、
オープンマイクとゆう文字をたくさん見るようになりました。

オープンマイクってゆうシステム、
いつから始まったんだろうね。

少なくとも、
miyanさんがバンド活動を始めた頃、
25年前くらいにはなかったし、
藍染さんが結成した当時もなかったな。

あの頃は、
人前で演ろうと思ったら、
ほぼブッキングに入るしかなくて、

参加費を払ったり、
チケットノルマのことを考えて、

30分やったら30分、
きっちりセトリとか構成考えて。

そんなんしかなかったんだよなーって思うのな。

そのうちホール貸しってのを覚えて、
miyanさんのバンド時代の頃もお知り合いバンドさんと楽しく演って、
ま、
月影の前形だよな。

でも聴いてもらう対象はお客様で、
集客のことは一生懸命考えてたな。

オープンマイク。
場にいらっしゃる方は
ほぼほぼ出演者なんだよね。

それはそれでさ、
いいなーって思ったりもするんだよね。

お友達も増えるだろうし、
そのままお客様にもなってくらはるかもやし、
2曲回しとかなら気楽ーに演れるよね。

ミュージシャンばっかりの前で度胸試しができる
ええ機会なんやろなーって思うー。

もしmiyanさんが弾き語りができるヒトやったら
フラーっと参加したりしてるのかも??

藍染さんが結成した当時にこんなんあったら、
バンバン参加してみたかったなーとか思ったり。

でもー、
弾き語りとかでけんもんはでけんしー、
いまの藍染さんでは参加することはないんだろなーって。

2曲しか演れんのに、
わざわざ集まったりせんだろなー。

それやったらリハするよなー。
キッチリと30分とか45分とかで実演したいよなー。
素人さん含むチーム藍染さんに観てもらうための実演をしたいよなー。

古いよなー藍染さんw

でも一回、
観に行くだけは行ってみたいんよね。
歌う準備とかは全くせずに、
miyanさん単体で、

またの機会、
ポカーンと予定ナッシングで、
「今日は飲むよか音が聴きたいなー」って思った時に。


こないだ、
そんな日があったんね。

ポカーンで音が聴きたくて、
フェイスブック見てたら
とても魅力的なライブが載ってて、

行くって宣言してたお友達に
「私も行くー」ってメッセージして。

ずっと気になってたお店。
ずっと気になってたミュージシャン。
今日を逃すともうないなーって感じで。

お目当てじゃなかったミュージシャンさんたちも立派やったよ。

でも、
お目当てやったミュージシャンは立派どころか、
やっぱすごかった。

歌に、
声に力があった。
オリジナルの産物やとは思うけども。

何曲目かな、
そのミュージシャンさん。

ちょっとの間、
苦しそうにしたはった。
入り込んではるなーって思った。

その時miyanさん、
思い出したのね。

去年??
一昨年??

お歌教室、
段位審査会で
ビクターの偉い先生にゆわれたこと。

「アナタ、
 まだまだ歌えるでしょ。
 一曲で息を使い切るくらいになるまで
 必死で歌ってくださいよ」。

そん時はよく意味が分かんなかったのね。
「1曲でそんなんになってたら
 45分とか1時間とかの実演でけんじゃん」
とか思ったりして。

「息」ってのもよく分かんなくて。

息発声??
確かに息発声は
普通に声を出すより息使うけど??

それに、
その日にmiyanさんが審査してもらうべく歌った演歌は、
そない息発生を使う唄ではなかったのよ。

でもね、
ちょっと分かった気がするんよね。
月影7、
喝采を歌い終わった後。

息もそうやし、
気力精神力もそうやし、
身体のエネルギー全てを使い切った感。

「感」やから使い切ってはなかったんやけど、
あの時のmiyanさんは
いつもとは確実違う感覚やった。

先生がゆわはったのは
こーゆうことなんかなって。

息だけのことじゃなくて、
高音張り上げてしんどいとかでもなくて、
こーゆうことなんかなって。

実は、
月影7終了しての帰り道、
miyanさんはこんなことをボーッと考えながら歩いてたのね。

こーゆうことなのかな。
どうなのかな。

ヒヨッコのmiyanさんが真意を分かるには
まだまだ経験が必要なんだろな。

帰り道、
そのミュージシャンさんの
ギター伴奏だけで歌ってはった
その場面を思い出して、
miyanさんは「負けるか」って思いました。

藍染さんとはやってることも土台も全く違うし、
すごいヒトを相手に何ゆうてるんって自分でも思うけど、
闘志が沸きました。

モへーっと8月を過ごしているmiyanさんにとって、
とってもいい刺激になりました。


今日はオチなしでいい??

明日は朝夕勤務で、
早起きせなやし他にもいろいろあるのよー。

あー、
オチはいつもないかw

京都は
いま雨だよ。


2015.08.20
コメント記入欄