もうひと月以上経ってしまいましたが
まだまだ寒いねぇなんて言ってる中
実演してきました。

新しいレパートリーをいれたのは・・・
気分転換?!

実は去年の秋からジャズギターのレッスンに通ってます。
前にも言うたかな?
やはり、きっかけは・・・
自分の弾きネタがあまりにもマンネリマンネリでギター弾くのんがおもろくなくなってた時期がありまして、どーしたもんやろ・・・とある日の練習でミヤンに話してたら「なんか習い!」と言われたこと。
すごく簡素に説明してますがそれがきっかけです。

レッスンの効果がすぐに表れるもんでもないんですが
ましてや得た知識を今までのレパに応用導入するなんてことは
まだまだ先のことになりそうですが

実際、旧レパに手を加えようとして
ゆっくりたどたどしく弾いてみたらイメージと違ってたり

でもやっぱ
なんか新しいことしたいなぁってんで
新レパをやることにしました





右往左往
試行錯誤
当日ギリギリまでうまく弾けなかったりで
やるんじゃなかったと後悔したりしました。

以下の曲をセットリストに、去年も出させてもらった四ツ橋のライブバー「Beatles」で実演してきました。

1、私の彼は左きき
2、メモリーグラス
3、ルージュの伝言
4、桃色吐息
5、ひと夏の経験
6、ラブラブラブ
7、ギンギラギンにさりげなく
8、雨の御堂筋

「ルージュの伝言」はだいぶ以前にお蔵入りしたレパです。
テレビコマーシャルで流れてるからやろうとしたネタではございません。

「ひと夏の経験」は・・・厄介でした。
どんな風に弾こうか迷って
決まったものの難しすぎて
単純にしたら
家では弾けても当日リハーサルで失敗ばかりで

ボロボロになるんちゃうかと思ってましたが
わりかし
わりかし
できました。
本番中
鬼門の間奏を弾き終えた時の「っしゃーー」的な気持ちは
隣でヒヤヒヤしてたミヤンも同じでしょう。

ヤマをひとつ越えると
えてして油断してその後はグダグダ・・・なんてことも以前のパターンでありますが今回はいい緊張を最後まで持続させることが出来ました。
成功要因のひとつとして
自分の音が聞こえやすかったてのもあります。
ストラップを付けてたのでギターが高い位置にあることが維持できたので弾き易かったです。

自分らの出番を終えると
久しぶりにビールで乾杯

対バンのブルースバンドの演奏を聞いていい気分になりました。
久しぶりに聴くブルース
ええわぁ・・・
後日家で「ボーン・イン・シカゴ」を弾いて遊びました。


当日来てくださった
ハ○○くんピ○○さん夫妻
か○○しゃん
か○○○さん
皆さんありがとうございました。

こんな感じで
43回目の実演が終わりました。

レポも「どんだけおそいねん」いうくらい遅れまくった結果になり
以前ほど事細かな文ではありませんが
実演の内容は今後もさらに濃いい音を目指してます。


がんばてきましょー
2014.03.16
コメント記入欄