藍染色眼鏡。

大阪で活動中、『藍染ノスタルジー』の二人が綴る、眼に映る物映らない物。

実演42nd  

藍染実演ももう42回か・・
いったいのべ何回レパートリーをやったんだろうな。
(数える気ないけど)

今回もやり慣れた感バリバリのレパをひっさげ向かったのは
吹田ジャズゴスペルライブというイベントでした。
去年も出演枠をもらって、からあげ屋さんの店先でやって
楽しませてもらいました。
今年はどんななるかなぁ~と思ってましたが・・・・・・。

14:30にJR吹田駅前のダイエーで集合して、
別の地域イベントのアジアン食で腹ごしらえしまして、
ジャズゴスのTシャツを買って、
いつも通りカラオケ屋でササーッと練習して、
向かったのはワインバーでした。

ワインバー。
去年出番を終えて観てまわる途中に
“ここもジャズゴスの会場なんだ”とmiyanが言ったのを覚えてました。
ジャズゴスペルライブと名うったイベントだけに
ジャズをガッツリ演ってる会場なんだろうなと勝手に想像してました。
そんな“ジャズ用会場ちゃうの?”的な場が
今年の藍染のステージでした。

事前に会場と順番を知ってビックリ。
といいますのも、自分らの出番の前の方が
個人的についこないだお知り合いになったプロの方でしたから・・。
どんな?

わたくし、kojikojiさんは9月からジャズギターのレッスンに通うことになりました。
(そのへんのいきさつはまた後日の記事で・・)
で、その教えを乞う相手、つまり師匠にあたる方だったんです。

ジャズギタリストやん!プロやん!
一緒にデュオで歌う方ももちろんプロやろ!?
その後に自分ら出てえーのん!?
自分らの後もジャズやん!?(名前知らんけど)

・・・・・
出てええんでしょうね・・
・・・・・割り振りされてんもん。(開き直る)

とはいえ
やはりビクビクしました。
miyanも緊張がひどかったらしい・・・
(もうすでにChoco memoで語られてますが・・汗)

ま、そんなことを話しながら現地に着いたら
やはり師匠いてはりました。(当たり前か)

店には機材を置いて順番を待つスペースもなかったので
軒先の商店街の歩道ベンチにいろいろ置いて時を待つ・・。
店内の客席はプロ演奏を聞くために来たのか、たまたまか?
満席でした。
店の外で待ってましたが師匠の演奏は聴こえませんでした。
(てか、聴いてる余裕ないけど)
ぼーーーーっと待つあいだ、miyanの知り合いのGtさんとDrさんが来てくれた。

で、本番。
師匠と話できる余裕もなく、そそくさと準備にとりかかるのでした。
ソワソワバタバタ・・

あ!
譜面台ないやん!
てことで慌てながらも店のイスを借りて譜を置いて・・・・

①朧月夜
②ダンシングオールナイト
③セーラー服と機関銃
④残酷な天使のテーゼ
⑤ろくでなし
⑥大阪ラプソディー
⑦銀河鉄道999
⑧青春時代

今回いちばん練習したのは②のソロ・・・
やはり一番弾いてる回数少ないし・・・
なのに聞かせどころやし・・・・
そこを越したらなんとかなるかと・・・山場でした。

店舗のレイアウトがそうやから
僕はあまりお客さんの視線を感じることなく、
今回ばかりはめずらしく、
大きなポカはせずに全演目を弾くことができました。


はじめ、店に着いた時はですね、正直「なんじゃこりゃ・・!?」でした。
小ささはさておき、
お客さんの横顔や背中に向かって演奏するなんて初めてのこと(?)でしたから。
でも、それがかえって良かったことになるとは・・・・ねぇ・・・・。

ま、どんな状況であれ、
“どのみちお客さんの耳に向かって音を出すんや”というぐらいの
ブレない心持ちでいないとアカンということですね。

ほんとにいろいろ体験させてもらって勉強勉強ですね。
んが、基本アホな人間なんで、貴重な体験で学んだことを
わりかし早めに忘れてしまう性質なんですが・・

ま、これからガンバリましょ。


レポ、遅くなりましたが、
この実演はこんな感じの印象を受けました。

得体の知れん歌謡カバーユニットにお付き合い頂きました方々、
せっかくのお休みに足を運んで頂きました方々、
ありがとうございました。

年齢の割にまだまだ伸びしろがあるのか(?)ないのか(!)分からんユニットですが、
今後ともよろしくお願いします・・。


おわり。


コメント
コメントの投稿
Secret

次回実演予定!!

twitter

プロフィール

メールフォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム