実演41st。

秋の音楽イベント参加、二つめ!

去年はアンプをゴロゴロ引っ張って歩き回って、巡回バス内で寝てしまったよなー・・。
今年は去年と違ってエレキじゃなかったのでアンプは必要なく、移動がラクに済みました。

天満音楽祭、広い範囲で開催される音楽祭で会場も31ヶ所もあって、
どこの会場になるかと思ってたら
去年やった会場からむちゃ近いとこでした。
代々木アニメーション学院、よーするに専門学校でした。

会場の雰囲気は今年の高槻ジャズストで出さしてもらったファイブプラザみたいな屋内でした。
土禁と聞いてましたが、演者用にレッドカーペットが敷かれてて、
そこは靴OKということでミヤンがホッとしてました。

ま、正直、裏通りなんで去年のような人通りは期待できませんでしたが、
何人かのお客さんが座って聞いてくれました。
去年の場所(商店街)も人通りがあるとは言え、
足を止めて聞いてくれる人はそんなにいなかったような・・?
あいや、足を止めて聞いてくれる人たちがいても、期待に応えられるような実力ではありませんが・・。

のどかな真っ昼間、藍染実演41stはじまりました。

1.セーラー服と機関銃
2.私はピアノ
3.真赤な太陽
4.銀河鉄道999

待ち時間20分強、スタンバッてる時もあれよあれよと短く感じましたが
本番はさらに短く感じた。

先日、和泉での実演時に真近に感じた玄人っぽいお客さんの存在を気にしすぎて萎縮して
ガチガチになってしまった反省を活かし、
今回は「負けるか!」的に自分にガッツを入れてたんで
ガチガチさは軽く済みましたが・・
やっぱり何らかのヘマはやらかしてしまう。

曲間にチラ見する客席には、新開地音楽祭で知り合いになれた方や、
某バンドさん経由でミヤンが知り合った方たちが
撮影してくれてたり座ってくれてる。
曲が始まると譜に見入るけど、視野にはお客さんの像がなんとなくあるわけで、
視野になる客席のなんとなくの映像がチラホラ動くと
「ああ・・聴かれてる・・観られてる・・」ってドキドキするわけでして・・。
毎度のことですが、集中しなきゃって思ってもいらんことをよーさん考えるのは性分でして、
一生なおらんかなぁ・・。

まぁ、あっという間に4曲が終わりました。

んー、モニターが遠かったかなァ。
へたなやつほど自分の音を聞きたがるもんでして。
あれぐらいが適度なんでしょうが。

いろんな場所・環境でやると想定外のことに対応してかなきゃならんことがあって、
その対応能力が低いことに毎度自分であきれるわけですが、
こんな自分でも藍染で色々経験できてます。
勉強させてもろてます。

この先どんな課題があるんかな?
どんな想定外シチュエーション、はたまたアクシデントがあるのやら。
“環境に対応しながら音楽(演奏)をきっちりやる”
アマちゃんですが、それ目指して続けてるんですなァ・・。

ブログ・ついった・もろもろ、
ミヤンの発信する藍染情報を気にかけてくださり足を運んでくださる方々・・
ありがとうございます。

個人的には演奏パターン(ネタ)がマンネリ化してきたことを感じる今日この頃、
さらにおもろい曲にならないか?
もっと効果的な伴奏はないもんか?
いろいろギターのことばっか考えてブログもおろそかになってる部分は否めませんが、
今後とも藍染さん(の実演)におつきあい頂ければ幸いです。

さァ、次は吹田のイベントだ。
何をやらかす藍染さんか・・?
また来週~~。







category
LIVE repo

Comment