2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

実演39th

 【17//2013】

皆さんお元気ですか?
まいどご無沙汰のコジコジさんです。
毎年恒例の藍染イベント月影アルペジオvol.5から
早いもんで1ヶ月以上経ってしまいました…

やっとこさレポに着手出来ると思った矢先に
マイパソコンのハードディスクが壊れてしまって、只今入院中です。
今回の実演レポは、miyanにメールを送り、miyanパソコンにてコピペしてもらっての投稿となります。

今年も暑かったですねぇ。
夏だから当たり前ですが…
暑いからこそ飲みたいし
暑いからこそ盛り上がる
そんな夏のお楽しみ
月影アルペジオですが
暑い暑いって今頃レポってもピンとこなくなってたりしますな。

まず、
今回の実演では選んだ曲の料理の仕方に手惑い&戸惑いました。
どんな風にやっつけようかと言うのは毎回の課題なんですが
去年年末辺りから演目曲を考え出して、
「あ~いいねいいね、その曲カッコいいね」なんて軽いノリ決めてましたが
実際、手をつけ始めると
「やってもたぁー」的なラインナップになってました。

当日のセットリストを振り返りながら、…言い訳します。

①桃色吐息
以前からやっときたかった曲です。原曲がそうであるように、やはり
あんな幻想的な感じに仕上げたかったです。
12弦ギターを使う気でいました。
解放弦の響きを盛り込んでやろうと…。妖しくキレイな響きを鳴らしてれば、それでいけるなぁと…
いつも使うコードフォームではない形のコードを探すのが至難でした。結局、他の曲との兼ね合いやらで12弦はやめてしまいましたが…

②悪女
これは、原曲では、ストレートな8ビートでかたがついてしまってるんで、それが一番カッコいいアレンジなんですが、そうと分かっててもちょっと遊びたくなるんですなぁ…
なんせコード進行が単純なんで…
てことは、メロディがあれば(アカペラでも)充分、メロディを邪魔するくらいならコードストロークしてろ!と言う潔い曲なのだと思います。結局少しだけしか遊ぶテクニックがないので中途半端な伴奏になってしまったのではと反省中です。
オリジナルを聴いてると、ホントにいい曲なんですよね。やっぱ売れる曲だわ…。

③TATTOO
でた!フラット5th
ラーシードーレーみぃフラットーです。「ゲゲゲのゲー」のゲーです。この音、『桃色吐息』に使いたかったんですが、この曲とダブりますよねぇ。個性の強い音なんで、そうそう何回も使えない…。『桃色~』では断念しました。
んで、『TATTOO』。オリジナルがそうですが、ロカビリーのようでロカビリーまんまではない。サビがへんなメロディなのです。不思議なのです。それでいて、あのイントロから曲を支配するリフレインメロディ。
ええぃロカビリーにしたれーとベースを4つ入れたら、サビでおかしくなる。
F#mでハネてたら、ツェッペリンの移民の歌になってしまう。
弾き語りの如く弾いてたら、サンハウスのキャットフィッシュブルースになりました。めでたしめでたし。これでよかったんやろか

④圭子の夢は夜ひらく
今回の月影はこの曲があるから、miyanはあの格好だったんだな。
演歌かな?ブルースかな?
ど定番マイナー3コード進行。
暗く重く…暗く重く…
レパにすると決まって間もない頃、この曲でスライドをキメたいと思った。ただ漠然とそう思った。
Am…
オープンAm…
そんなんあったっけ?
なけりゃ考えればええ話てすが、
考えが、考えられず、考え追い付かず…。ひとまずスライドはオアズケ。
過去レパ『色彩のブルース』を思い出す。
いつものAm以外に暗くなる方法を知らない…
『色彩の~』でやった手法と同じようになってしまう。
スライドが難しけりゃ、フラット5thを使うか!?あいや、tattooで使わなアカンし…なら、tattooを変えるか!?おいおい今さら…。
てな感じで伴奏を考えます。
僕の頭の中のアレンジネタの引き出しには使いふるされたやり方しか残ってなかった。

⑤梅田からなんばまで
もう何年も前からやりたいと思っては選曲するときに忘れてたりでタイミングが合わずやりそびれてた。
ブンチャッブンチャッ
1本のギターで、コードトーンを分散しながらリズムを出すのは…、出来るひともおるんやろうが…、
これまたどないしてええやら分からず、リズム優先にしました。
こんなんちゃうねん…もっと音数多く尚かつウラが強調される弾き方あるはずやねんー
思い過ごしかな?

⑥妖怪人間ベム
アニメ曲
あるよで、ないよで、アニメ曲。
でた!フラット5th
歌ってみよう
「俺たちゃよーかーいにんげんなのさ」の「よーかーいにー」の部分の音です。
マイナーでありながら不安定感が輪をかける響き。重くない暗さとでも言うのか。
Tattooと似てる。てか一緒じゃん
Tattooで出来なかった4ビートをここで使うか!?
まんまやなー
メドレーにするか?

miyanがとあるバージョンのこれをYouTubeで見つけよった
それはボサノバ…

4ビートにしろ、ボサノバにしろ
コードの味付けができたらいいんだけど…、オリジナルは開いた口が塞がらないほどのプレーンなコードを使ってて、ブラスが無茶苦茶遊んで不協和なオモロイ音を出しまくってる。
ナンジャコリャ
生きるべきか死ぬべきか…、

わからんまま、ボサノババージョンを真似することに落ち着きました。
それなりに面白くなったのはmiyanのシェイカーがあったからだろう。

⑦ろくでなし
miyanがやりたいと提案した曲です。
然り!といった感じの文句なしの曲です。
間奏はサザエさん。なーんかご陽気な雰囲気がいいなぁてことで。

⑧真っ赤な太陽
ほんとはこの曲ではなかったんですが、(何をやるつもりだったか…忘れた…
「venus」の伴奏パターンパクり!これを思い付くまでは16ビートな曲にしようと、これまた漠然と思ってた。
ジャカジャカ弾いててマンネリ伴奏から脱却出来ず、モンモン…
原点に戻り弾き語り風に弾くと、「venus」を思い出した。
めでたしめでたし

⑨今宵の月のように
説明不用?
去年のアンコール曲


お写真です。

ご出演のTrafficsさん
DSC_1189.jpg

鶴亀萬年堂さん
CIMG0787.jpg

以下、
お客様が撮影くださったお写真。
16889_590568757654912_1287809211_n.jpg

934648_590568734321581_139715862_n.jpg

995157_590568664321588_1296121356_n.jpg

1012709_590568524321602_605137363_n.jpg

74030_590568317654956_1767775628_n.jpg





とまぁ、
こんな具合に
あっちを考えたりこっちを考えたり、フラット5thのオンパレードの呪縛にもがき苦しみながら(おおげさやな)、どうにかマンネリ感を出さないようにして、miyanに「それでいいやん」と励まされながら、なんとかかんとかやっとこさ決まった各レパの伴奏パターン。

去年はアコギ3本用意してバリエーション感を出したつもりでした。あんときゃさすがに、リハーサルで出して、またケースにしまって、本番前にまた出して、ステージに並べてっていうのには気を遣いました。
今年もバリエーション豊かな伴奏&楽器で!って思ったんですが、出来ることやりたいことの差は大きかったです。


十分な準備期間がありながら
迷ってる時間が長くて
「なんか…もっと出来たんちゃうんかな…」て、
振り返れば思えます。

いや、これが実力なんだろうなと思います。
少ないネタをどう出そうかと迷うことも事実の実力
イメージの伴奏、弾き方にならないのも実力

まだまだ足りん
足かけ30年ギター触ってるのに、トホホ…です。

とはいえ
当日の模様を録画したやつを見てみると、まぁええ線いってるやんと自画自賛することも出来る自分がいるのも事実。

エリック・クラプトンが言うてました。“演奏の良し悪しを決めるのは観客だ”と…

あの日、あしを運んで下さった
お客さんたちが喜んでくれたら
それでええやん
ちゅーことなんですね。


楽しんでいただけたのでしょうか…
だと、いいんですが
それに甘んじることなく
がんばらねば

藍染やりだして
実演重ねて
そろそろ人前に出ることも慣れてきた感覚があります。
さてつぎは、
まだまだ上手く美味しい伴奏が出来るように知識と腕を身に付けなアカンのやなぁと思う今日この頃。


まだまだ上手くなりたいーーッ!



今頃?な実演レポでしたが
最後に
藍染実演にお付き合い頂きました
お客さん、出演の皆さん、マスター&ママ、
有難うございました


小島康之

Category: LIVE repo

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

次回実演予定!!

第七十七実演@吹田ジャズゴスペルライブ
2017年11月11日(土)
1stage⇒17:00~17:45 ワインバー リトゥム
2stage⇒19:00~19:45 カレー リーフ
観覧無料(お店のオーダーをお願いします)

是非ご来場を!!

【予告】
「明星ラプソディー vol.3」
2018年2月24日(土)夕刻
南森町D45

プロフィール

藍染ノスタルジー

Author:藍染ノスタルジー
お唄担当:miyan
ギター担当:kojikoji

唄は世に連れ世は唄に連れ。
この世の名曲をアコースティックの響きに乗せて。

※過去の実演記録はコチラ
(2017年9月10日更新)

※メンバー紹介はコチラ

※実演レポは
こちらにkojikojiレポ、
miyanレポは
http://pjc.blog77.fc2.com/
に掲載しております。

※Facebookページあります。
https://www.facebook.com/aizomenostalgie
いいね!をお願いいたします♪


実演等のお問い合わせは
↓のメールフォームをお使いくださいね。

YouTube

よろしければ藍染YouTubeからもいろいろ是非。(145動画アップ済)


【ご紹介動画】






twitter

メールフォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ