Tokyo Incidents。  by miyan

あれは10年以上も前のこと。

テレビにパッと映し出された画面。

バラ園で、
ボンデージ風のスーツを着て、
ギターを低めに抱えた女の子。

彼女が声を発した瞬間に
閃光が走った。

巻き舌、
特異な発声、
突き出たキャラ。

クレジットに
「椎名林檎」の文字。

すぐにアルバムを借りに走って
聞き漁った。

無罪・勝訴・カルキ。

どれもこれも大好きだった。

けどその後から椎名林檎の音楽が、
年の割に幼稚な音楽性しか持ち合わせてなかった
miyanさんにとって、
どんどん難しく思えてきたのです。

違うんだよ・・。

もっと分かりやすいのが・・
好きなんだけどな・・。


それからしばらくの間、
椎名林檎とゆう名前は忘れてた。

のに、
急に思い出した。

ネットかなんかで見つけた
「椎名林檎、
 東京事変結成」。

1st「教育」。
発売と同時に買いに走った。

1曲目「林檎の歌」。

脳天をぶち抜かれた。

それから2枚のアルバム。

miyanさんはどうしても
東京事変を歌いたくなった。

コピバン結成。

メンバー集めから何から
ほんとに大変だったけど、

やっと漕ぎ付けたライブでは
「椎名林檎が降りてきたか思ったで」とゆう
最高の賛辞までもらって、
あれもほんとにいい思い出。

そのバンドのギタリストがリーダー。

最初はベースで誘ったんだけど、
事情でギターに変わってもらって、

元ギタリストが悩んでたリフを
いとも簡単に爪弾いてしまうそのヒトを見て、
miyanさんは単純に「すげー」と思った。


そのバンドは
1回こっきりのライブで終わったけど、

あのコピバンがなかったら、

そして、
東京事変とゆうバンドがなかったら
藍染さんはなかったかも知れない。


リーダーの「回顧集」にあるように、
リーダーとは別のバンドで知り合って、

その時からアコースティックはやりたかったらしいけど、
すぐ忘れたらしいしw

ぶっちゃけゆうなら、

「みやんー
 うちらのライブでなんかせーへん??」ゆうて
お知り合いからお誘いを受けた時、

別にさ、
他にも誘ったら乗ってくれそうなヒト
いたんだよ。

けど、
最初に浮かんだのがリーダーだった。

東京事変の「と」も知らなかったヒトが、
miyanさんよりのめり込んだ。

たくさん話したな。
東京事変のこと。

趣味が合って、

コピバンでは
一番の味方になってくれた。

何よりも、
難しいリフを全く普通に、
得意げの微塵もない表情で
爪弾いてしまうそのヒトを、

miyanさんは

利用しようと思ったのさw


古くからの藍染さんサポーターの方々は
ご存知なはず。

藍染さんのレパートリーには3曲、
東京事変の曲が含まれてます。

林檎の歌、
車屋さん、
閃光少女。

車屋さんは
東京事変verってことでw


そのうちmiyanさんは、
東京事変を忘れてしまった。

嫌いになったわけではない。

ただ、
聴かなければいけない、
歌わなければいけない曲が増えて、

そうゆう状態が楽しくて、
他はもういらないって思ってた。

その間もリーダーは
新しいアルバムを買って、

最新のを1枚、
miyanさんにも焼いてくれた。

それは結構聴いてた。

好きだった。

そんな時の
解散の知らせ。

なんだろうな。

いろんなことを思い出して
やっぱり寂しいよ。

けど、
林檎さんらしいや。

惜しんでもらえるうちに
消えてなくなることが、

バンド含め
全てのことにおいて、

美学だと思う。


東京事変の曲で、

いっぱい喜んで、
いっぱい踊って、
いっぱい泣いて、
いっぱい虚勢張って、
いっぱい勇気をもらった。


好きな曲は山ほどあるけど、

いまの気持ちでゆうなら
やっぱこれなのかな。

ライブに1回だけ行ったんだけどね、
その時「新曲です」ゆうてやらはって、

その時はよく分かんなかったけど、
後で何度も聴いて、
心に染み渡った曲。

この時の東京事変が
いまもmiyanさんは大好きです。

「また貴方に逢えるのを
 楽しみに待って左様なら」。



http://www.youtube.com/watch?v=OS-SzVr9oCk



category
未分類

Comment

たいせつなこと

遅いコメントで、スミマセン。

私は椎名林檎さんとか東京事変とかが世に出はったころ、
周りのお友達が好きって言ってても全然興味湧かなかったのです。
キライじゃなかったし、曲も聞いたし、普通に好きでした。
でもそのくらいの感じ。

でもね、私はずいぶん歳をとってから、この曲に救われました。
ほんと不思議な巡り合わせです。
一瞬いろいろ考えちゃいそうになったけど、
でも何度か聞いてるうちに心に染みていきました。
本当に救ってもらったなって思えています。

ただ、ちょっと最近はこの曲に救われたあの時のことを忘れてました。
人ってついうっかり大切なことを忘れちゃいますね。
でも大切なことは、きっと心にずっとありますよね。
音楽も音楽への想いも、心で受けとめた何かが大切。
そんな風に思えた記事でした。
  • 2012⁄01⁄17(火)
  • 23:18

ほんとに大切

>りょこ。ちゃん
ぜーんぜん遅くないしー
スルーしてくれてよかったのにー!!

だって・・

酔いは覚めた??w

お友達に好きなヒトがいたんだー。

林檎さんとか事変って
割とマニアックだから
少しビックリしたw

あ!!
クラの女子が好きだったよね!?

今度ゆってみよう!!

って
行ったら忘れる・・^^;

救われてくれたんだ・・。
事変も絶対喜んでる思うよ。

心に染みてくれてありがとう。

きっとね
「本当はそう願ってるだけ」で
本当に透き通ってるわけではないんだ。

けど
救いたい誰かの前では
自分の精一杯の透明さを
分けてあげたいんだ。

それがほんの少しだけだったとしても。

大切な誰かの前では
透明でいたいんだな。

きっと
そーゆう曲なんだと思うんだ。

忘れることは悪いことでは絶対ないし
そうなって欲しいことだってある。

けど
振り返ることも大切だし
受けとめた事実も想いも本当に大切。

なんか絶対
成長してるはずなんだー。

音楽はそれがあるよね。

って
大きなこと言っちゃって
はずいけど・・

こんなしょーもない記事でも
いっぱい汲み取ってくれて
りょこ。ちゃん
ありがと(^.^)
  • 2012⁄01⁄18(水)
  • 00:43
  • [edit]