2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

回顧de回顧  by miyan

 【05//2008】

ご無沙汰す!!( ゚∀゚)ノィョ―ゥ


さてさて、kojiリーダーの回顧集も終了致しました。
それについて私は言及しなくて良いのか??良いわけないだろう、
いや皆様はよくても私が気済まんっちゅうねんみたいなところで暫しお付き合い頂きたく。

勿論長いよ。(ヽ・∀・)アヒャ?


<回顧1>
最後の挨拶んとこね。
すごいスムーズな挨拶が交わされてるように見受けられますがとんでもない。
お互い牽制し合いながらの第一声であったはずだ。
目も一瞬しか合わせてくれへんかった思いますけどー。(*TーT)

私、この日の前夜ダンナに、「回されそうになったらダッシュで逃げろ」ゆわれてました。
いや、それは普通ありえへん話やけど、
女が知らん男ばっかのバンドに参加しようとするのはそれなりに勇気のいることなのね。
でも私は他の世界がすごく見てみたかった。
洋楽ブルースロック、私も好きでした。
ジャニスくらいしか歌えんかったけど。(爆)

※kojikojiと私の間の壁、1m

<回顧2>
この日も緊張してましたね私。
でも「馬鹿にされて溜まるかアタイだって長いこと歌ってきとんねん」
みたいなのは確実にありました。
kojikojiに気に入ってもらえてたなんて初耳ですが。Σ(- -ノ)ノ

あそこで歌謡曲の話が出るなんて思いもしませんでした。
歌謡曲の話ができる人なんて回りに誰もいなかったんで驚き&嬉しかったす。ヽ(*´∀`)ノ

でもやっぱり目はなっかなか合わしてくれへんかった。
「この人シャイなんやなー」思いながらしゃべってた天王寺の夏の夜。

※kojikojiと私の間の壁、微妙に減って95cm

<回顧3>
初リハから帰宅途中だったか帰宅してからか、
kojikojiからiモード絵文字いっぱいのメールをもらいました。
「おもろかったです」みたいな文章やったと思いますが、
あまりの絵文字キラキラにリアルとのギャップに悩みました。(笑)
その直後かドラマーさんから、絵文字はないけど「頑張りましょう!!」みたいなメールが。
翌日ギターさん@リーダーから無愛想ながら「よろしくお願いします」みたいなメール。
「へー、採用してもろたんやな」と嬉しかった。

けどこれから3回4回のリハでライブなんかできるんか?ってのが正直なとこ。( -∀-)

11月下旬のライブ。
メンバー間で全然コミュニケーションが取れないまま。
それが如実に表れたのがライブ中。
MCでの私の振りに応えてくれんかった。
kojikojiだってそうすよー、ずっとアンプ気にしてたっしょ??
でもしゃーない、普段コミュニケーション取れないのに本番なんて更に無理。
なんで、私は私のステージ演らせてもらいましたー。(´▽`*)アハハ

ライブ後、kojikojiがメールくれまして。
その中に「僕の奥さんがmiyanさんよかった、歌もよかった、衣装もよかった、
MCもよかった、あんなボーカルさん手放したらもったいないでってゆわれました」と。
すっごくすっごく嬉しくて保護かけて保存してました。
でもその携帯、子供らのおもちゃになった後どこ行ったか分かりましぇん。Σ(゚д゚)オイオイ

「こんなとこから脚出してスンマセン・・・」。
元バンドメンバーが読んだら大爆笑ですぜ。
「そこでもゆうてたんか!!」。ギャハハハ(≧▽≦)

※kojikojiと私の間の壁、一回ライブしたけどまだまだ80cm

<回顧4>
出ました事変バンド。
今思えば3月楽団入団、4月に新バンド立ち上げとか
とっ散らかってたんやなー私の頭の中。
でも、バンド立ち上げるって重い腰をよーーーいっしょ!!って上げないとできないし、
ギターさん乗ってきてくれはったんで「今やっ」って感じやったんでしょねー。

東京事変とゆう音楽を気に入ってくれないと話にならない。
でもkojikojiは速攻食いついた、やっぱ私とkojikojiの趣味嗜好は被るとこ大きいんだ。

んで今では事変のこと私よか詳しいし。(´▽`*)アハハ

7月の初リハ、鍵盤はいなかったけど、憧れの事変を歌えるのがすごく嬉しかった。
んでも私、9月に別バンドのライブを控えてたよーです。

頭の中ぐちゃぐちゃやんけ。ヽ(゚∀゚ゞ)ブッ

※kojikojiと私の間の壁、事変好きになってくれたしメンバーになってくれたし65cm

<回顧5>
ライブが決まるまで、kojikojiにはたくさん助けてもらいましたねー。
ほんま感謝してます。

やっと漕ぎ着けたライブの日、緊張はしたけど楽しかった!!
出来不出来は別として・・。←私のね

本番中、喧嘩上等の「ダバダバダバ・・」の声弦六弦ユニゾンのとこ、
二人共外して目合わして苦笑いやったん覚えてます。(゚Д゚;)

私、怖かったでしょうねぇ。
「殺ってーーーーーっ!!」とか叫んでたもんね。
お客様睨みつけてたらしいでちゅ。'`,、('∀`) '`,、

しかし・・、金色まだ続いてるとわ・・。(巨爆)

※kojikojiと私の間の壁、リハも重ねだいぶと目も合わしてくれるようになったし30cm

<回顧6>
まずゆうときます。

~その昔、僕が「ユニットやりません?」て声をかけた事、miyanは覚えてたんでしょうか??
まさかなぁ~・・・

めっちゃ覚えてたんですけど・・。
ずっと申し訳なく思ってたんです、アコースティック誘ってもろたのにその後すぐ事変、
それもベースで誘ってしまいその話うやむやにしてしまって。
ずっと気になってた、だから前座での話もろた時とっさに
「○羽ちゃう、kojikojiとアコースティックや」と。 
○羽は9月に解散ライブを控えてたし元から無理無理やったけど。

(○羽=私が7年半やってたオリジナルバンド←マルハちゃうよ)

でもkojikojiがアコースティックのことを忘れてるとは思いもしませんでした。
だいぶとショックなんですけど皆様どないおもわはります??o(TヘTo)

メールの回数はパンクするくらい多かったけど、決めるべきことはパパっと決まりましたね。
ユニット名、最初私が出した藍色がkojiリーダーの名案により藍染に。
ノスタルジーには「miyanが考えたにしてはストレートやなぁ」ゆわれたけど、
敢えてストレートで、どんな音楽やってるユニットか何となくでも想像してもらえるような、と。

奇をてらったバンド名は他で付けてある。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

藍染初リハ、歌舞伎町を合わせた後、
「このアルペジオやったら林檎の唄の方が合うねんな」とkojiリーダーがつま弾く。
私が唄う。

ぴたっ!!

「それそれそれそれ!!」。

kojiリーダーのシメの一文は正解である。

※kojiリーダーと私の間の壁、一気に10cm



翌月7月に4曲で前座ライブ、年末に正式ライブ、今年2月にぷち実演を重ね、
それらに向かうため二人でリハも重ね、
色眼鏡立ち上げるのにもどんだけ問い合わせメール受けたか知らん。(笑)
そんなこんなで今、壁は2cmゆう感じでしょうかね。
云いたいことゆえるし、その倍ゆわれるし。Σ(゚Д゚;エー

完全に壁が取り払われることはさすがにないでしょう。

壁がない状態=ノーメイクが見せられる関係。

kojiリーダー、ギター抱えたままショック死。ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ

冗談はさておき、←冗談ちゃうけど
藍染、これまでの轢死もとい歴史よか濃いものをこれから創っていければと思う次第。

そーれではお後がぁよろしいぃようぅでぇ~。(byGO!GO!7188「うましかもの」)

Category: 回顧

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

次回実演予定!!

第七十七実演@吹田ジャズゴスペルライブ
2017年11月11日(土)
1stage⇒17:00~17:45 ワインバー リトゥム
2stage⇒19:00~19:45 カレー リーフ
観覧無料(お店のオーダーをお願いします)

是非ご来場を!!

【予告】
「明星ラプソディー vol.3」
2018年2月24日(土)夕刻
南森町D45

プロフィール

藍染ノスタルジー

Author:藍染ノスタルジー
お唄担当:miyan
ギター担当:kojikoji

唄は世に連れ世は唄に連れ。
この世の名曲をアコースティックの響きに乗せて。

※過去の実演記録はコチラ
(2017年9月10日更新)

※メンバー紹介はコチラ

※実演レポは
こちらにkojikojiレポ、
miyanレポは
http://pjc.blog77.fc2.com/
に掲載しております。

※Facebookページあります。
https://www.facebook.com/aizomenostalgie
いいね!をお願いいたします♪


実演等のお問い合わせは
↓のメールフォームをお使いくださいね。

YouTube

よろしければ藍染YouTubeからもいろいろ是非。(145動画アップ済)


【ご紹介動画】






twitter

メールフォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ