Entry Navigation

潜入!!お歌教室発表会!!  by miyan

いやはや遅くなりました!!

この潜入シリーズも
かーるい読み物的にお楽しみくださいますよう♪


一昔前になってしまいました。
3月30日。
藍染さんの実演翌日のことでございます。


前夜は・・
就寝3時過ぎで・・
ドロのように眠り込んでいたmiyanさん。

8時過ぎ、
枕元の携帯が鳴りました。
お歌教室のナカガワ先輩からです。

「12時半集合ってゆってたけど!!
 ○○さんがあれでこれで早く行けるようになったし!!
 10時過ぎに出ようと思うの!!
 miyanさんも一緒にどう!?」

かかか・・
勘弁してください・・
もうちょっと寝かせてください・・

10時に出るとか無理です・・
眠いの眠いの眠いの・・

「スマセン・・
 昨日本番で疲れてますんで・・
 出番14時くらいなんですよね・・
 やっぱ12時くらいに出ますんで・・」

「そーお!?
 残念だわあ!!
 じゃ後で会場でね!!」。

ナカガワ先輩にとっては
めっちゃ楽しみにしてはっただろう年に一度の大イベント。

miyanさんは・・
前日に大イベントを終わらせたとこなんで・・。

それでもそれから一眠りしたらチャキっと目覚め、
化粧をしてスーツを着て、
12時過ぎにハキハキと出かけました。

大丸心斎橋劇場へ。
○クター音楽教室発表会に参加するため。


miyanさんの師匠、
お歌教室のじーちゃん先生からお話があったのが・・
年明けくらいやったかな。

んー・・
1曲歌うだけで参加費1万円かぁ・・

んー・・

ナカガワ先輩は
「miyanさんも出るよね!?
 いい経験になるわよお!!
 出ましょうよ!!」。

だよね、
1回くらい出てみてもいいかも。

ホールで歌うなんてそうそうないし、
ええネタになる色眼鏡のw


選曲は「北の浜唄」真木柚布子に。

考えるのが面倒だったので
その月の課題曲をそのままw

先輩方の去年の発表会、
ドレスアップして歌ってはるお写真を見せてもらったことがあります。

ナカガワ先輩に
「ドレス着なきゃいけないんですかあ??」。

「いいのよいいのよ!!
 私パンツスーツよ!!」

じゃいい・・
miyanさんもいつもの演奏会スーツで。

それでなくてもお衣装関係でお金使いまくりやのにw


さて、
心斎橋に着きましたmiyanさん。

「駅前だから迷うことないわよお」なんて言葉を信じ、
なんとなく目の前の大丸のエレベーターに乗ってみた。

ちゃう・・
ここ14階までない・・

ここで初めて発表会のプリントを見る。
北館ってどれ・・。

警備のおじさんに聞いて北館を探し当てて。

や。

これは迷ったんじゃない。
調べてなかっただけだw


小汗をかいて会場へ到着。
受付をしてお弁当をもらって。

ロビーでいきなりじーちゃん先生にお会いしたら、
いつもの「えっへっへ」みたいな挨拶と共に
「頑張ってくらはいよー」ってゆうてくらはった。

○クターのおねえさんが案内してくらはった控え室に入って、
お弁当を広げてパンフを見て。

DSC_1774.jpg

miyanさんは55番、
いまは・・よりそい傘だな・・ってことは35番、
ゆっくりしよー。

控え室にはボーッと座ってはるおかーさんが一人。
沈黙の時間に居たたまれなくなったmiyanさん、
「もう終わらはったんですかあ??」。

「いいえーまだなのよお、
 あなたも??」

私は55番で・・とか話してたら最後、
「スーツ着られてるから○クターの方かと思ったわあ♪」。

うん。
誰からもそう思われてるって
会場入った瞬間に察知してたw


弁当を食べ終わって一服して、
ナカガワ先輩探しついでに会場内をウロウロ。

まぁ皆さん・・
頑張ってはりましたわ・・。

そこにいた皆さんは
miyanさんよりだーいぶおねえさんな方々。

高そうな和服とか・・
キラキラでヒラヒラなドレスだとか・・
赤とか黄色とか緑とか・・
髪も「美容院でセットしてきました!!」みたいな・・

目が疲r(以下自粛)

そんな中で黒パンツスーツだもんな、
そりゃ関係者だわw

けど中に薄いピンクのトップス合わせて
華やかにしてみたつもりやったけど、
全くの徒労だったとゆうw


「ごめんねええ!!
 電話くれてたのねええ!!」。
ナカガワ先輩にやっと会えて。

「席ね!!
 後ろに・・ほら先生いるでしょ!?
 あの前に取ってあるからおいでね!!」。

何から何までありがとうございます押忍!!

ホールです。
なーんも調べてなかったから中見てビックリしたんやけど、
ええホールでしたわ。

高槻の、
年明けに高校OBOGで演奏会したホールと
同じくらいのキャパあるんちゃうかな。

さすが○クターですな・・。

けど、
こんなええとこちゃうかったら1万円も・・

や、
取るかw

ナカガワ先輩は
「もうすぐ出番なの!!」って袖に行って、
miyanさんはそのままホールの座席へ。

DSC_1798.jpg

DSC_1799.jpg

パンフレットで曲名を確認しながらステージを見ます。
歌を聴きます。

見てますが聴いてますが
ボーッと・・
です。

こんなことゆうとなんですが、
○クター音楽教室とは言え、
ただのカラオケ教室でございます。

上を目指してるヒトが凌ぎを削ってるところではありません。

ちょっとお金に余裕のあるおかーさんたちが
お友達とのおしゃべりついでに通ってる教室です。

や、
miyanさんはそんなとこでも意義を見出して通ってるわけですけども、
ま、
そんなとこですよ。

ですので、
お歌の方は
「うーん・・」。

ですので、
ボーッと・・
です。

おっ!!
ナカガワ先輩が出てきたよ!!
頑張れー!!

DSC_1775.jpg

うーん・・
緊張するのかなぁ・・
こんな大きなホールで歌うなんて初めてやもんなぁ・・。

ファミリアのキャンディーズは別次元だ

ナカガワ先輩が戻ってきたよ。
「はああ!!
 終わったわ!!
 楽しかったわああ!!」。

よかったよかった♪

ナカガワ先輩とビデオを構えてるもう一人の先輩とボソボソしゃべりながら、
けどひたすらボーッと・・

してたら後ろのじーちゃん先生が
「あんさんもう行かなあきまへんで」。

自分の順番の5人前になったら袖へ行くお約束です。

「わーお!!
 行ってきまーす!!」
「頑張ってええ!!」。

中のヒトに案内されて、
袖に準備されてる椅子に座って出番を待つ。

袖の幕からステージを覗き込んでみる。

ナカガワ先輩がゆうたはったように、
立ち位置から2メートルほど前方、
足元の高さにモニターがあって、
それにカラオケ画面が流れるとゆう仕組み。

それを見ながら歌えばいいので、
歌詞を覚えなあかんとゆう重責はないと。

「ほんまやー
 モニターあったあったー」。

左右に座ってるおかーさんとボソボソしゃべったり、
目の前にある小さなモニターでステージでの模様を見たり。

おとーさんがワレモコウ歌ってるよ!!
へー、
こーゆうのもアリなんかー。

ってかワレモコウって、
どこぞのマスターのダミ声ってイメージしかないぞw

あらら!!
miyanさんの順番が来ちゃったよ!!

緊張・・
してないわ。

歌詞がそこにあるってゆう安心感どんだけw


前奏が流れて
「どうぞ」って声に促されてステージへ。

うわぁ・・
ライトが凄すぎて客席が全く見えないぞ。

おおお!!
お辞儀をしなければ!!

涙も別れも知り抜いた はぐれ鴎が飛ぶ港
南部鉄瓶立つ湯気に 情けが絡む浜酒場
男と女が酔いしれて 古びたラジオが恋歌流す
波がザンブラ拍子取り 
風は三味の音 泣きじゃくる

「南部鉄瓶に気持ち入れんでええですわ」
「酔うてまんねんから揺らさなあきまへんわ」
「あんさんそこは泣かなあきまへんわ」

じーちゃん先生がダメ出ししてくらはったことを思い出しながら、

2コーラスとハーフ、
1曲歌いきっておーわり!!

お辞儀してチャッチャとはけて、

ううう!!
一服行かせてくれい!!w


一服終わって座席に戻れば
「良かったわよおお!!」なんてゆうてもろて、
「いやいやいやいや・・」なんつって、
またボーッとタイムに戻る。

○クターのなんとかコンクールで銀賞を取ったとかゆうお嬢さんが
紹介付きで出てきたよ。

上手かったと思うよ。
けどなんか響かなかったのは、
彼女の若さと青さのせいなのかな。

演歌を歌うには、
ってとこでね。

こんヒト上手い!!ゆうヒトが一人だけいた!!
歌詞のモニターなんか全然見てなくて、
歌はもちろん身振り手振りの表現ももっすご堂に入ってて。

きっと何百回もこの歌を歌ってはるんやろな
そうでなきゃここまでなるんは無理やわ

ほんまはそこまでやらなあかんのよな・・。

考えさせられた一瞬でした。

終わりに近づいて講師の方々のステージ。
楽しみにしてたじーちゃん先生の出番!!

DSC_1777.jpg

上手かったああ!!
当たり前なんやろけど上手かったああ!!

教室でお手本で歌ってはる時は結構、
変やったりテンポずれてはったりするんやけど、
いやいや本気で歌わはったらやっぱすごいんやー!!

歌だけちゃうくて、
瞼の母のセリフとか最後の「おっかさーーーん!!」とか、
鳥肌立つくらいすごかった!!

泣きのビブラート、
絶品や!!

ああ・・
じーちゃん先生・・
一生付いていくよw


発表の部が全て終わって、
壇上に飾ってあった鉢植えの抽選会。

心斎橋からあんなでっかい鉢持って帰るとか何の罰ゲームやねん!!
外れろ!!
って念じてたら願い叶ってw

んで出演者全員で写真撮影。

おっきな段が組んであるんやけど、
足腰ガッチリの方なんていませんわ、
どこそこで「きゃー落ちる!!」とか「○○さん気を付けて!!」とか
わーきゃーわーきゃー。

写ってるmiyanさんの顔、
きっと疲労感満載やと思うw


退場。
「みんなでごはん食べに行くけどmiyanさんもどう!?」。

ありがとうございますナカガワ先輩・・
miyanさん、
先輩方みんな好きやけど
そこまでお付き合いするのはちょっと・・

「この後梅田で用事があるんで!!
 これにてお先に失礼します!!」。

スーツの上に真っ赤なスプリングコートをサッと羽織り、
チャッチャと心斎橋を後にしたのでした。

いやはや・・
おもろい世界でした・・。


次は6月、
昨年も受けた段位審査会とゆうのがあります。

やっぱり今月の課題曲だった「女のまこと」伍代夏子で受けようと
昨日チャキチャキと申し込みいたしました。

すこーしずつすこーしずつですが、
この世界にハマりつつあるmiyanさんでございます。

ゆうても演歌歌手になるつもりはないし、
なれんよ!!

miyanさんは一生、
昭和歌謡で、

恋の歌うたいでいるんです!!

















はええねんけど・・

昨日渡されたコレ・・

DSC_1833.jpg

とりあこれから見てみようと思いますが・・

上げませんからw




category
miyanBLOG

パラダイス号!!告知!!  by miyan

ちゃうー!!
発表会よか先こっちー!!

いやいやリーダーレポが先なんじゃね??ってゆうのは
スマセン見逃してやってくらさい。

昨晩リハやったんですが・・

んー・・

練習しれw


そうなの、
高槻ジャズストのこと、
告知するん忘れてました。

PC版のプロフにコッソリ載せてるし、
ミクシでもゆうたはゆうたけど、
いやいや色眼鏡でゆわんわけにはいかんじゃんね。

ちゃんと説明せんなって思ってたしね。

あんなツブヤキだけでは語れないわー。


さて。
今年の高槻ジャズスト。

藍染さんは
第1サイクル第2サイクル・・の公募を華麗にスルーしました。

今年から、
藍染さんはバスのみにしようって。


ジャズスト、
もっすごい応募数です。

どんだけ??ってゆわれると、
んー・・
HPの各サイクルの応募数を計算すればいいんだろうけど
めんどいから許してw

とにかく、
もっすごいんだってば。

日本一かも知れない音楽イベント、
そりゃ会場数も演奏枠も多いけど、
それでも足りなすぎるくらいの応募数。

当選したー♪って喜んでるヒトよりも、
落ちた・・って嘆き悲しんでるヒトの方が何十倍多いんですよ。

そんな中、
藍染さんが応募するのはどうなんだろう
と思いました。

ジャズじゃない、
昭和歌謡の藍染さんです。

いやいや。

公募に出てこない、
音楽班がブッキングする
いわゆる招待ミュージシャンが演るメイン的な会場でも、
実は百恵ちゃんとかの昭和歌謡のカバーを演ってたとかゆうのもあるし、
公募会場でもビートルズのコピバンもいたし、

藍染さんが応募したって、
なんも卑下することはないんですよ。

なんだっていいんですよ、
音源審査さえ通ればどんなジャンルでも応募して、
公募の抽選に通れば何演ってもいいんですよ。

けどね、
藍染さん。
バスでもできるんだな。

そんな激戦の公募会場に応募しなくても、
楽しい思いは十分できるんだな。

バスね、
制限があるのね。

例えば・・

電源の確保ができないから
鍵盤さんは難しいなぁ・・。

背の高い楽器とか、
場所を取る楽器はダメなのね。

ウッベはダメ、
ドラムもダメ、
トロンボーンもダメ。

藍染さんはオールクリアなの。
バスで演れるの。


2011年。
藍染さん、
初めて公募に応募して玉砕。

公募第4サイクルが終わるとすぐ、
「バスミュージシャン募集」とゆうメールが
登録ミュージシャン宛に送付されました。

それ読んで、
「バスで実演!?
 そんなことできるん!?」と
miyanさんは驚きました。

驚いたと同時に、
「おもろそう!!」ってめっちゃ思って
リーダーに相談しました。

二人とも、
バスの中、
動いてるとこで演る実演がどんななるかなんて全く分からんくて、
けどやってみよう!!ってなって応募して当選。

でもね、
ほんとゆうと
公募の止まってる会場で演りたかった。

バスの応募は公募期間が終わってから。
ゆうたら「公募に落選したヒトが仕方なく応募する枠」
みたいなとこなんだよね。

そんなんだけじゃなく、
来年こそは公募の止まってる会場で絶対演るんだ!!

って、
2012年・2013年、
高槻ジャズスト特有の

応募者にとってはとっても疲れる・・
ある意味病む・・

そんな公募のシステムを乗り越えて公募会場に当選して、
バス2回と会場とで1日3公演とゆう
音楽どっぷりの1日を過ごさせて頂いて、

miyanさんはすっごい誇らしかった。
「バスだけちゃうもん!!
 藍染さんは公募ミュージシャンやもん!!」って。


でもね、
今年の公募第1サイクルが始まるくらいに、
よーく考えたのね。

贅沢じゃね??
バスでも会場でも演るなんて。

ドラムとかを擁するバンドさんは
公募に落選したらそれで終わり。

悲しんでるミュージシャンが山ほどいるのにさ。

と、
ジャズストの公募会場で演ることって
そんなすごいことじゃないんだよね。

枠がもらえるのかどうかは抽選、

腕がどうのこうのではなく、
運がいいのか悪いのかだけ。

招待ミュージシャンは違うよ、
それは大物。

ま、
みんな音源審査には通ってるわけやけど・・
そない厳しいわけではないそうで・・。

「高槻ジャズストに出た」ゆうたら
すごいことみたいに知らないヒトはゆうんだろうけど、

miyanさんもそう思ってたから
公募会場で演りたい!!って固執してたんだよね。

けど違うんだな実際はさ。

それやったら、
あのイベントとかあのイベントとかあのイベントとか、
審査でブッキングしはるとこに合格することの方が
よっぽどすごいことなんだよ。


藍染さん。
そんなとこで、
ジャズストの公募会場に応募するのをやめました。

たった2回出させてもろただけやけど、
なんだかもう十分堪能させてもらった気になってます。

まぁ・・
止まってる会場やったら
いつでもどこでもできるんよな。
ジャズストじゃなくてもさ。

止まってる会場やったらね。

止まってない会場、
動いてる会場、
バス実演、
パラダイス号!!

これは高槻じゃなきゃできない!!
これだけは応募させてください!!
昭和歌謡の藍染さんですけども!!


2011年から3年連続、
2回ずつパラダイス号で演らせて頂きました。

リーダーは地獄らしいけどw
miyanさんはめっちゃ楽しかった!!

なにが楽しいのかなんかは
ちょこレポで散々ゆうてるし、
過去の動画観てもろたら分かってもらえるやろし省略するけど、

なんしか、
藍染さんが藍染さんの魅力を発揮できる
ピッタリの会場じゃないかと思ってます。

乗車してくれたチーム藍染さんが二人、
こうゆうてくれました。

「藍染さんはバスですよね!!」。

うん。
藍染さんはバスだ!!
パラダイス号だ!!

これに絞って、
これで藍染さんは上を目指す!!

高槻ジャズストリート名物パラダイス号の
名物バスミュージシャンになる!!

「公募に落選したヒトが仕方なく応募する枠」だろうがなかろうが、
誰に何を思われようが藍染さんには関係ない。

4年目の乗車。
ベテランの自信を持って、

名物の名に恥じないよう、
今年もお客様に楽しんで頂きます!!


ってとこで!!
いつものように前置きが長くなりましたが!!
告知だーよー!!


第四十五・四十六実演@高槻ジャズストリートパラダイス号
2014年5月3日(土)
①16時15分②16時45分発車
パラダイス号
乗車無料
※高槻現代劇場発の無料バス内での実演です。
※発車時刻は交通事情により前後することがあります。
http://www.0726.info/


今年で7回目・8回目の乗車です。
2回も乗らせて頂けて有難い!!

ただ・・
16時45分が最終なんだけど、
バスがもっすご遅延したら削られちゃうかも??

そんなんゆうても
きっと走らせてくらはると信じてるんだけどね。

ま、
1回でも、

だってさ、
毎年人気薄でさ、
なんもゆわんでも2回ずつ乗らせてもらってたのに、
今年は落選したミュージシャンもたくさんいるらしくてさ、

やし、
1回になっちゃっても
藍染さんは十分幸せ。

1回は乗せてもらえるでしょおおおおw


この記事を打つにあたって、
初めてバスが決まった時に打った記事を
懐かしがりながら読みました。

背中を押してくれた方々に感謝しながら、
今年は更に進歩した実演にしなきゃと思っています。

だってベテランだものw

昨夜のリハ、
リーダーは立奏で頑張ってましたよ。
あの体勢での練習を。

「駅前のロータリーだぜえ♪」ゆうて
揺らしたったらよかったw


みたいなとこで、
今年も藍染唄声バスへのご乗車、
心よりお待ちしております!!

藍染さんの勇姿を
是非観に来てね!!














P・S
ご乗車に際してのご注意やお願いなんかは近々にね。


category
LIVE info

潜入!!昼オケスナック!!  by miyan

皆さんは「昼オケスナック」とゆう存在をご存知でしょうか??

と、
リーダーレポなんかまだまだ先でしょ的に打ってますがw

はい、
その「昼オケスナック」。

基本、
スナックとゆうのは夜から営業ですよね。

そのお店がお昼はカラオケ喫茶として営業してるんです。

関係者に聞いたわけではないので事情は分かんないけど、
きっと、

夜までお店を寝かして置くのはもったいない
どうせ夜の仕込みもせなアカンのやし
仕込みしながらお昼も開けて
少しでも儲けましょう

みたいなとこなのかなぁ。

昼から酒出したらもっと儲けれるんちゃう??とも思うけど、
酒出すなら手のかかる料理的な肴も出さなアカンやろし
ママのエネルギーがもたないゆうのもあるやろし、

昼間からスナックで飲もうゆうヒトもそうそうおらんやろし、
逆にアカンのかも知れないね。

おとんも実家居酒屋のお客さんのスナックの昼オケに
たーまに行ったりするらしくて、
そんなんがあるゆうのは昔から知ってたけど、
繁華街歩いてたら
そんなシステムにしてるお店結構見ない??

そうなのかぁ・・
お昼はお茶なんだねぇ・・。


そんな昼オケスナック、
miyanさんなんか絶対縁がないと思ってたけど、
先月の仕事が休みの日、
お歌教室の先輩に誘われて行ってきました。

なんでかゆうと、
月末に控えてた発表会の練習のため。

で、
こーれはネタにせなアカーンと
バシバシ写真を撮ってまいりました。

いやはや・・
おもろい世界でした。


場所は阪急高槻駅のド駅前、
スナックがたくさん入ってる雑居ビルの2階。

何かにつけ世話を焼いてくれて、
いろいろ教えてくれる仲良しのナカガワ先輩は
「楽しみにしてたのよおお♪」と
とっても嬉しそうに階段を上がっていきました。

ドアを開けると
「あら!!
 いらっしゃいナカガワさーん!!」
とママ。

なかなかに通ってらっしゃるようですね先輩w

「あら!!
 今日はお若い方と一緒なのねぇ!!
 いらっしゃいコチラどうぞー!!」。

「miyanさんココ座って!!」。
ココでも先輩が世話してくらはりますw


ママは「あいちゃん」。
プロの演歌歌手だそうです。

「あいちゃんが店に出てる曜日に行こうねぇ♪」とゆうわけで
この日は水曜日でした。

あいちゃんは月水土のご出勤、
他の曜日は別のママがいるんですね。

そりゃねー、
あいちゃんには歌手活動があるんですもんねー。

DSC_1743.jpg


さて!!
潜入結果の全貌に迫りましょう!!

店内は
カウンター8席、
後ろにはテーブル席とソファ。

DSC_1746.jpg

お客様は皆さん、
ええ感じに人生を楽しんでらっしゃる中高年の方々。

右端から二人組のおかあさんたち、
お一人様のおとうさんが二人、
ナカガワ先輩とmiyanさん、
そしてご夫婦連れ。

miyanさん以外は皆さん常連さんで
みーんながお友達、
歌ってる方以外はワイワイ楽しくおしゃべりしてらっしゃいます。

ご夫婦連れなんかは
茨木の山の手からバスと電車を乗り継いで通ってらっしゃるんだと。

「このお店が好きなのよぉ♪」と奥様。
「へえええ!!」なmiyanさんでしたw


目の前にはお菓子とコーヒーがサッと出されます。

DSC_1747.jpg

昼の部終了16時まで、
このセットとカラオケで1000円とゆう料金設定でございます。

miyanさんたちは13時に行って、
その時には(コーヒーだけで)既に盛り上がっていたので
12時オープンだったりするのかな??

夜の部は・・
壁に貼ってある料金表を見ると・・

DSC_1748.jpg

よく分からない焼酎でもキープ5000円、
山崎なんて16000円でした・・。

実家居酒屋、
赤霧島でも3500円ですw


やっぱさー、
お昼ゆうてもスナックに来てるわけじゃん。

ビールくらい飲みたいじゃん。

けど、
注文できる雰囲気では全くありませんでした・・。

もちろん禁煙です。

果てしなく健全なのです。

ゆうとくと!!
写真のコーヒーの横のグラスは水!!

焼酎やないぞ!!w


歌う順番は右端から順々に、
飛ばされることなく、
ハッキリクッキリと順番制。

左端まで来たら
もちろん右端へ戻る。

カウンターの中からあいちゃんがデンモクを持って
「何入れる??」と聞いて回ります。

先に聞かれたナカガワ先輩がmiyanさんに
「まずは発表会の歌を歌っとこうね♪
 だって発表会も声出しなしでイキナリだものね♪」。

やっぱり世話を焼いてくれる優しい先輩w

ママがピッと曲を入れてくれて、
ドキドキと順番を待つ・・。

待つ・・。

右見て左見て・・
miyanさんの順番はまだまだだw

その間にあいちゃんとおしゃべり。
先輩との関係とか、
あいちゃんの歌手活動についてとか。

せっかくなのでCD買いました。
まだ聴いてないけど・・。

先輩が、
「今日はお客さん多いから順番なかなかよねぇ・・
 ごめんねぇ・・」
ってゆうてくれたけど、

ええんです、
miyanさんは前日も4時間、
桶屋で歌ってきてますからw


ナカガワ先輩の「よりそい傘」熱唱が終わって
次はmiyanさん、
ついに「北の浜唄」で昼オケデビュー!!

そりゃ皆さん、
興味津々ですよねぇ。

「どこの馬の骨ですかー」やろしねw

なみだも
わかれも
しーりーぬいたーーー

かーぜーはー
しゃみのーねー
なーーきーーーじゃくーーるーーー

デビュー戦終了。

皆さん、
「上手いわあああ!!」と・・。

いえいえ・・
とんでもございません・・。

「だってこの方プロだもの!!」。

先輩・・
だからプロじゃないってば・・
何度ゆうても分かってくれへんのな・・w

一服しに外に出て行けば、
先にモクモクしてたおとうさんにも褒めてもろて、
「他でも歌ってはるん??」って聞かれたので暴露すると
「やっぱりなー!!」やってさ。

けどね、
それ以降2曲演歌を、

もちろんお歌教室で習った歌を。

気づいたのよね。

皆さんの選曲はほぼ演歌です。
皆さん、
ちゃんと演歌を歌ってはりました。

miyanさんの演歌は
なーんか皆さんのと違うなぁって。

演歌のネタが尽きたので「喝采」を歌ってみました。
しっくりする気がしました。

そっかー、
miyanさん、
何歌っても歌謡曲なんだな。
演歌歌っても歌謡曲なんだな。

なぜ演歌が演歌じゃないのか。

いろいろ思い当たることはあるんやけど、
一番大きいのは「演歌を知らなすぎる」。
そこなんだろなぁって。

だって皆さん、
どんだけ!!ゆうほど知ってはりますもん。

皆さん、
こんな手帳を持ち歩いてはるんですよ。

DSC_1749.jpg
これはナカガワ先輩のん。

この手帳を見ながら
「次なに歌お♪」って吟味しはるんですねー。

DAMの番号を書く欄とか!!

「へえええ!!」言いながら、
思わず写真を撮らせてもらいましたw

んで、
プロ歌手のあいちゃんです。

とっきどきカウンターの中で、
お客さんの邪魔にならないくらいの鼻歌で、
その時かかってるカラオケを歌わはるんよね。

それがベラボウに上手いのよ!!

プロなんやから当たり前なんやろけど、
コブシの回し方とか、
ビブラートとか、
まんま演歌やった!!

鼻歌やのに!!

それが聴きたくて、
miyanさんはずっと
あいちゃんを視野に入れてたw

ま、
miyanさんは演歌歌手になるつもりはないし、
演歌のコブシを習得してしまえば
なに歌っても演歌になっちゃうらしいし、

ま、
ほどほど頑張ろうとw


さすがですね、
最後の順番の方が歌い終わると同時に16時ちょっと前。

皆さんもmiyanさんもカウンターに1000円を出して
お会計。

常連さんやからちゃんと分かってはるんですよね、
ちゃきっと席を立って帰り支度。

夜の部の支度も終わってるんでしょう、
あいちゃんも上着を着ながらお客さんに
「ありがとねーまた来てねー」とご挨拶。

miyanさんにも「また来てね!!」ってゆうてくれて、
「また連れてきてもらいます!!」ってゆうて。

眼鏡かけてカジュアルなニットを着てたあいちゃん、
一回おウチに帰って休憩したら、
きちんと化粧して着飾って、
夜の蝶になって戻ってくるんでしょうね。


下世話な話をするとだな・・。

この日のお客さんは
miyanさんたちの後に二人来られたので計10人。

売上は10000円ですな。

お菓子代
コーヒー代・・はそないかからんかな・・
著作権含めのカラオケ代
電気代やら水道代やら

そんなん差し引いて・・

大して利益上がってないよね。

それでも
なんもせんよかマシだよね。

12時から店開けて、
16時に一回閉めて帰って、
また何時かに戻ってきて、
きっと朝方まで仕事しはるんよね。

働き者だなぁ・・。


最後に潜入の感想を。

昼オケスナックは中高年の健全なる社交場!!
安価で楽しめる憩いの場であると!!

しかし、
ガッツリ歌いたいなら
一人で桶屋に行きましょう!!

選曲はできる限り演歌を!!

歌謡曲なら「喝采」まで!!

以上!!w






P・S①
おかんにこの話をして店名ゆうたら
「知ってるよ、
 イツキあいの店やん」。

知ってた。

恐るべき商売人ネットワークw


P・S②
発表会の話もこのまま打つつもりやったけど
普通に無理でしたw

次回をお楽しみに♪





category
miyanBLOG