藍染色眼鏡。

大阪で活動中、『藍染ノスタルジー』の二人が綴る、眼に映る物映らない物。

選曲会議。 by miyan  

先週土曜、
大阪は記録的な豪雨。

まるで
それからの藍染さんを表すかのような荒天模様。

二人が落ち合った心斎橋ジャンカラの小部屋では、

灰皿は飛び・・
オレンジ酎はぶち巻かれ・・
店員君は身に覚えのない八つ当たりを受け・・

叱咤・・
罵り合い・・

自分の希望を通すために発せられる二人の怒声は
防音ドアをも突き通し、

リーダーの拳が振り上げられるのが早いか、
miyanさんの足がテーブルをぶち倒すのが早いか、

お互いの身を刺し違える5秒前、

一触即発の様相でありました・・









ま、
みんな分かってるだろうけど、

嘘だよw


毎年、
夏の月影が終われば、
次の夏の月影に向けての
選曲会議をします。

去年は10月にライブを控えていて、
先にそっちを頑張らねばではあったけど、
ざっくりとは決めてたはずなんよね。

しっかり決めたのは、
過去記事を確認すると2月だったようだ。


けど今年は
早々に決めましょうと。

まぁ、
いま決めたとしても、
実際やり始めて
「違うな・・」ゆうこともあるやろし、

実際いままでもそれで
ボツった曲もたくさんあるけれど、

今年はね、
事情があってね、

まぁ、
その辺はヤツに直接聞いてくれ。


事前に候補曲を挙げて、
お互い情報共有しておいた。

miyanさんは、
リーダーが挙げた曲の中で
よく知らない曲をYouTubeで探し、
聴いて消化しておく。

「おおぅ・・
 コレ藍染さんでやったらおもろなるぞ・・」

そんな感想を受けた曲数曲。


そして当日。

リーダーは二人の候補曲、
40曲余りを全て
紙に書き出してくれてた。

「ありがとありがと♪」と
それに目を通した途端、
miyanさんは気づいた。

「これ・・ 
 ええ具合にジャンルばらけてるやん!!」。


リーダーは
「コレは・・アレやな・・」とブツブツ言いながら、
その中に含まれる曲のジャンルを書き出していく。

いままでも
なんとなくジャンルに気は配っていたけれど、
こんだけキレイに分かれてるリストを見たら
めっちゃウキウキするじゃん♪

「ジャンルごとに1曲!!」。

こうなれば話は早い。

「コレとコレはアレやから、
 どっちにしよ??」。

「こっち!!」。

「このジャンルやったら??」

「ずっとやりたいゆうてたやん、
 コレ入れよ!!」。

「じゃー、
 このジャンルやったら・・」

「リーダーの挙げたコレ、
 藍染さんでやったらおもろい思うー」。


そんなやり取りで決まった数曲を
デンモク検索転送、

miyanさんがキーを探って歌い、
リーダーはギターを探り探り弾く。

「ごめん・・
 ちょっとちゃう気ーする・・」。

「じゃ、
 こっちいってみよう」。

歌う。

「コレ!!」。

1曲、
とってもかわいい曲なので、
かわいく歌ってみた。

爆笑された。

殺意を覚えたw


「決まった決まったー!!」。

二人煙を吐き出しながら、
リーダーが書き出したリストを見る。

これがそのまま
来年夏に披露できるかどうかは、
さっきもゆうた通り、
実際にやり始めてみないと分からないけれど、

もしこのままお披露目できるなら・・、

リーダーには
コーラスにも力を入れてもらわなければです。

miyanさんは
いつもより更に
振り付けが必要となってくるでしょうw

トリ、
いつもと違うところから持ってきました。
十分トリに相応しい名曲です。

つい最近
大ヒットした曲もあります。

勿論
通な昭和歌謡もあります。

名曲たちを藍染流で
キッチリ昇華させるよう、
一年かけて頑張ります。


miyanさん、
早々に全部をICに入れて
日々聴きまくってるんやけど、

もーこれが
おもろくておもろくて・・。


来年の夏のことやし、
鬼も大爆笑しそうやけども、

皆様どうぞお楽しみに!!

してて下さいお願いします




エレキ by kojikoji  

今日、久しぶりにはやく帰れたので
エレキを手にしてみた。

この季節
アコースティックは
ハードケースに収まりっぱなし
壁に吊した安エレキは毎日湿気と戦っていた。
除湿器はあっても
24時間フル稼動というわけにもいかない。

木材部分は
こんなときどうなっているのか
正確には分からないが
金属部分は
ほったらかすと錆びてきて
ボリュームノブとか回したら
ザリザリ鳴るハメになる。(アンプにつないだ時にね)

だから
たまには
電気を通わせてやらんとね
通電さしても錆びるときゃ錆びるのであるが
気持ち的に…


とゆーことで
弾いてみた


もう手遅れな
トーンノブもあるけどさ…

なに弾こ…
東京事変弾こう!

CDセット!
喧嘩上等
透明人間
♪♪♪♪♪
んが
すっかり忘れてて
CDについていけない


いつのまにやら
アルバム2枚分出る間
弾いてなかったんだな


ミヤンも
ツイターでなんか言うてる

アマゾンでニューアルバムを試聴してみた

試聴時間合計3分のくせに言える立場ではないが

素晴らしい出来だと思います。


弾きたい曲が増え続ける。

あー
週休3日にしてくれ…

YouTube全曲+α出揃ったYO!!  by miyan  

いままでの実演では
数曲上げるのが精一杯でした。

miyanさんはええねんけど
リーダーがへこってる・・。

リーダーはええねんけど
miyanさんがド下手・・。

もしくは、
二人ともアカンでコレ・・

みたいなとこで、

どんな出来でも
上げるのは自由でございますけどね、

視聴者の方に
「よーこんなんで上げるよなぁ」と
溜息をもらされる、

ひいては
藍染さんの評価が・・

いまだってそないええわけでないのに、
どーーんっと下がってしまうのを恐れ、

「これやったらなんとなくあげてもええかなぁなんとなく」

みたいな消極的アップなものが
多かったわけではございますが、

今回は、

先月の月影3は、

いや、
見るヒトが見たら
全然あかんのかも知れへんよ??

けど、
藍染さんは
めちゃめちゃ楽しかった!!

楽しかったから、
藍染さん的にステキな実演ができた。

だから、
全部見て欲しなーと、
ガンガン上げてしまいましたー。


いやいや今回、
藍染さんの実演模様だけでなく、
その後のスペシャルセッションも楽しすぎて、
これも絶対見て欲しい思って、
最後の大トリを飾ってもろてます。

miyanさんなんかのゆうことに乗ってくらはって、
ほんま楽しそうに参加してくらはって、

動画上げてもいいですかの問い合わせにも
すぐOKのお返事くらはって、

いまでも
「楽しかったよ
 またやろうね」
ってゆうてくれてはる。

初めての、
バンド超えてのセッションの企画。

お願いメール送ったり、
参考音源探して送ったり、
ソロの順番も勝手に決めてお願いしたり、

頼んなかったやろなー思うねんけど、
皆さんほんま優しくて、
そのやりとり一つ一つが
嬉しくて楽しかったなー。

最初は
「自分らのことで精一杯なんで」みたいなとこで
断られるかもとか思ったりしたし、
miyanさん自体身体もつんか??とか思ったりしたけど、

ほんま
やってよかった!!

見てもろたら分かってもらえる思うんやけど、
miyanさん、
めちゃめちゃ楽しそうですw

バンドもいいよね


〆た後の二バンドのセッション大会も
ごっつおもろかったんやけど、
個人情報とかいろいろあるし、

見たい思う参加者の方には
切り取って焼いて差し上げますよー。

藍染さんの実演でも、
MCとかリーダーが変なんとかw
見て欲しい部分はいっぱいあるんやけど、

そこは実際見に来てもらって、
笑ってもらいたいな♪

あんなにはっちゃけたリーダーは
なかなか見れん思うけどw


いつもはツイタとかミクボイスで
お知らせするだけやってんけど、

今回はちゃんと記事上げするんだい♪

ちょことほぼ同文やけどね

ミクボイスも載せるけどね

では皆様、
お時間ございましたら
いろいろ開けて
おもろがったってくらさい♪

http://www.youtube.com/user/aizomenostalgie

携帯でも閲覧可能でーす♪



P・S

PC版ようつべの窓の閲覧数が変なのは
どうぞ気にせんでくらさい。

miyanさんでもどしよもないのねー。(放置)


夢、その2。  by miyan  

その日は藍染さんの実演でした。

ホールは
いままでやったことのない、
吹奏楽団が使ってそうな
大きな会場でした。

何故かその日、
原因は分からないのだけど、
藍染さんの二人は険悪でした。

二人の間に言葉なく
迎えた本番。

お互いの胸の内は必死で隠し、
いつもと同じようにいい実演をしようと
淡々と機材の調整などをしていました。

miyanさんは
マイクを手に持ちました。

“あれ??
 なんやこれ!!”

マイクのケーブルが異常に短い。

アンプから1メートルほどしかないのです。

「こんなんで歌えへん!!
 長いのと替えて下さい!!」。

ホールのスタッフは何故か首をかしげ、
「分かりました」とゆうも、
奥から持ってきたものは
やっぱり同じくらい短いものでした。

miyanさんは言います。

「なんぼなんでもおかしいでしょ!!
 ちゃんとしたスタッフいはらへんの!?」。

その間、
リーダーはリーダーで悩んでいました。

アンプからギターの音が鳴らない。

スタッフとやっぱり言い争いを始めています。

それでもなんとか本番が始まりました。

お客さんはいつもの通りにこやかに、
藍染さんを見守ってくれています。

何曲目か、
きっちりネタを仕込んで、
お客様をビックリさせようと
楽しみにしていた曲がありました。

その曲へ移ろうとしたその瞬間、
突然スタッフが
その曲のフレーズを鍵盤で弾き始めました。

「はー!?」

せっかくこの日のために準備してきたんに、
なんでコイツにばらされなあかんの!?

「何してくれてんの!!」。

食ってかかるmiyanさんに
スタッフはこう言いました。

「アンタら売れたいんやろ??
 俺が入ったら売れるから
 黙ってやり」。

なんやこれ。
頭おかしいやつばっかやココ。

「そんなんアンタらに関係ないやろ!!
 なんもかんも台無しや!!
 どないしてくれんねん!!」。

miyanさんの剣幕に
スタッフはすごすご帰って行ったのですが、

腹いせでしょうか、

今度は演奏中に客席で、
スタッフ大勢が騒ぎ始めました。

もうあかん!!

miyanさんはステージから飛び降り、
客席にいるスタッフの一人に殴りかかりました。

と同時に、
いままで感情を抑えていたリーダーが、
後ろのドラムセットのスネアを
スタンドごと下へ放り投げました。

がっちゃーーーん!!

とうとうリーダーもキレた。

いままで見たことのない、
すごい形相でした。

ホールが静寂に包まれたその時、

「miyanさーん、
 だいじょーぶー!!
 うちらずっと待ってるからー!!」。

いつもの彼女の声がしました。

ふと声の方を見ると
そこには、

こんなことになっても
誰一人帰ることなく、
藍染さんを見守り続けているお客様が
たくさんいらっしゃいました。

“ごめんねみんな・・”

miyanさんは泣きだして、
拭いても拭いても
涙が止まりませんでした。







ここで目覚めたmiyanさん。

ご想像くらさいますでしょうか。

起きた瞬間からの
この上ない疲労感・・。

どこを見ても絶対にありえへん状況なんが
笑えるんやけど、

なんでこないに
朝からしんどい思いせなあかんねん・・と、

まさにorzみたいな体勢で、
ちょっとの間動けなかったのでありますよ。


けど、
夢の中でもお客様は優しかった。

唯一の救いでございました。


で、
なんでこないな夢を見たのかとゆうと、
なんとなく分かってはいるのですよ。

前日の夜中のmiyanさん、
Qさんを繰り、
ようつべに上げる動画の
編集作業をしていたのですよ。

早く上げてしまって、
この仕事早く終わらせたいのよ!!

けどやりながら眠くなって、
途中で終わらせて寝たのですよ。

きっとそんな関係で
実演風景が夢に出てきたのだろうと。


しかし、

何故二人が険悪だったのか、

あの楽しかった実演が、
何故あんなむちゃくちゃな形に変換されたのか、

そこいらは分かりまへんので、
皆様のご想像にお任せするとして、

本日はサラッと
御仕舞いと致しましょう。

バイ♪


本体定価¥3,800  by kojikoji  

楽しかった実演が終わって2週間たちました。

レポ追記なるものも書こうかなと思いながら
むかえた連休
結局、机に向かうかゴロンと横になってるかの2パターンで終わった。

ギターに触れた時間は合計しても1時間もないと思われる。
湿気だけ吸いまくってた楽器ちゃんたち。


それはさておき

しょうもないことなんですが
気になったことがありまして
「ネタになるかなぁ」と思いまして投稿しました。

過去問解説集という書籍を購入し勉強してたんですが
いつのまにか
写真 1
DVC00001_20110816220949.jpg
こうなってました。
背表紙がパキーンと折れてしまって・・・



普通、こうですよね。(別の本ですが、厚みと紙質がにてるので参考にしてます。) 
写真 2 
DVC00004.jpg



他のページをめくっても、こうなるのです。
写真 3 
DVC00003.jpg
些細なことですが
ちょいちょい気になります。

新しいのん買うか?とまで思ってしまうのは自分だけでしょうか?


写真1は正確にいうと
あんまり気になるから接着剤で貼ったろ思いまして
手を加えたあとの写真です。
かえって汚くなりまして(そりゃそーだ)
あきらめがついた次第です。


来年1月末まで
もたせなきゃ

WMV・・MOV・・MPEG・・AVI・・ORZ・・。  by miyan  

藍染さんが実演時に動画を撮るようになったんは
去年10月のSHOからですね??

写真とかビデオとかに
写ったり映ったりすることに
自信のない歌い手のいるユニットゆえ、
なかなかその気にならんかったんやけど、

藍染さんを知ってもらうには、
藍染さんのことを覚えててもらうためには、
やっぱ「動く画」も必要なのかなぁ・・

と、
5月のあびこまでは
miyanさんのはんでぃかむなんかを
使っておったんやけど、

リーダーの
「画質とか音質とか
 もっとええのがあるねんなぁ・・」ゆうんと、

miyanさんの
「でっかい三脚持ってウロウロしんどい!!」ゆうんとで、

この度
リーダーが
こんなん購入いたしまして。

zoom.jpg

ZOOM Q3HDゆうやつ。

ちっこいくせに画も音もよくて、
PCを通さなくても
コレから直接YouTubeにアップロードできるとゆう
スグレモノであると。

miyanさんは
Qさんと呼びますw


んでそれを月影3で
ババーンとでびうさせたわけやけども、

なんしか
リーダーの登場がせわしない感じだったのもあり、
なんとなく置き場所にまで気が回らず、

「ココ置かせてねー」ゆうて
最前列の藍染親衛隊の方々のテーブルに
置かせてもろたんやけど、

終わって再生してみれば
ごっつおもろすぎた。

とにかく
思いっきり拾ってくれてるのね、
親衛隊の方々の声を。

「リーダーーーーー(ハート)」ゆう低音の声援やったり、
「ねえさーーーーーん!!」ゆう黄色い声やったり、
「(選曲)渋っ!!」やったり、
「アレンジそうなるんか!!」やったり
miyanさんの歌い始めた瞬間の「キャーーー♪」やったり、
リーダーが弾き始めた瞬間の「うおっ!!かっけー!!」やったり、
「素敵過ぎる夜・・」ゆうてつぶやいてくれてたり、

勿論、
曲終わりの大きな歓声と拍手も
めっちゃ嬉しい♪

ちょっと耳をすませば、
真ん中らへんに座られてた
藍染さんのお客様ちゃう方の歓声が。

「オシャレ!!」。
「イエーイ!!」。

アンコールの手拍子を
「まだ終わらへんやろ!!」ゆうて、
後ろのお客様の先導をしてくれてはるんも分かって、
miyanさん、
そのおっちゃんに惚れそうになったw

年下の男の子のいつもの指笛も
勢い冴えてたねー。

さんきゅ!!


こんなんゆうと、
「カメラの近くで騒いでスイマセン・・」とか、
親衛隊の方々
絶対ゆわはんのよね。

ええねんええねん!!

それがおもろいねん!!

ようつべそのままあぷって、
「藍染さんのライブはこんだけ楽しいねん!!」ゆうんを
自慢したいねん!!

それこそライブやもんねー。

藍染さんのお客様には
空気の読めない騒ぎ方しはる方、
誰もいらっさらへんもん。

あの場にいらっさった全員がそう。

ほんまにほんまに
素敵過ぎる夜やったなぁ♪と!!


と、
こーゆーことは
miyanさんいっつもゆうてるよねぇ・・。

ココからが本題なのよ・・。

ようつべUP、
動画整理担当のmiyanさん、

Qさんはリーダーの私物ではあるけれど、
miyanさんが持って帰らな
なんともなりまへん。

いや・・
別にmiyanさんでなくても
できることなんやろけど、

あんヒトに任せたら、
UPが年末になったりしそうやしねぇ・・。


翌日、
Qさんの取説をダウンロードしたはええけど、
基本的なことしか載ってない・・。

Qさんのちっこいディスプレーやと頼んないから、
PCで見ようとソフトをダウンロードして、
USBで繋いでPCで見る。

ファイルがデカイからでしょね、
動いては止まり、
動いては止まり、
カクカクカクカク。

ファイル形式がMOVなんね。

MOVとゆうのはそもそも林檎のものなので、
窓使ってるヒトには使いにくいゆうんもあるんでしょう。

けどとりあえずPCに全部放り込んで、
スムーズに見れるように
WMVに変換する。

画像は落ちるけど、
やっとここれでちゃんと見れる感じ。

そして初めて、
↑のおもろさを堪能したんやけどねー。


さーてそれでは!!

Qさんから直接、
MOVのキレイな動画を
ようつべにあぷりましょう!!

ファイルを1曲ごとに分割。

ちっこいディスプレーを見ながら、
操作しにくい本体のボタンで
分割場所を決めて。

微妙な場所が指定しにくくて
やりにくーーー!!

けどなんとか
「ここでええわ!!」って場所で分割して、
ソフトを起動してようつべUP!!

で終了♪
でええんやろけど、
ようつべの設定とかは
Qさんのソフトだけではでけんから、
結局ようつべの管理画面開けて
修正せなあかんねんけどね。

んで次の曲のUPを!!

と、
分割しだしたら、
「SDカードのメモリ少ないです分割できまへん」とか出て、

分割だけでメモリ食うの!?って驚いて、

「なんか消さな・・」と
やむなくMC部分とかを削除して、
それでも足りんから
ベンチャーズとジャズセッションを削除。

miyanさんPCにはあるからええねんけど、
リーダーが元画像で見れなくなるなぁ・・。

けどどうしようもない!!

んで、
なんとかかんとか5曲をあぷって、

その後、
分割等の編集は
ソフト使ってPCでもできたとゆうことが分かり、
チーン・・。

ま、
まだあと3曲か4曲あぷるからw


んでまぁ、
ようつべ関係は大丈夫なんやけど、

早くPCにある月影3動画を
DVDに焼いておかないと、
miyanさんのPCはオンボロなんですから、
ピン!!と壊れてしもたらエライことやないの!!

ゆうことで、
WMVデータをムービーメーカーで編集、
場面変わるとこには
ビデオ切り替え効果なんかつけて、

この辺はお手のものなんですよ、

すいーすい♪

二枚焼いて、
これで安心!!


なんやけど、
ふといらんことを思ったわけです。

「画質も音質も落としたWMVではなく、
 録画したそのままのMOVで焼くことはでけんのだろうか」。

せっかく
画も音もええからゆうて買ったのに、
劣化させたやつでしか見れない・・、

いや、
Qさん本体に残ってるやつは見れるけど、
削除してるんがあるし、

なんかリーダーに申し訳ないなぁみたいな気にもなって。

(miyanさんは悪くない、
 分割にあんなメモリ食うなんて想定外だ!!)

(リーダーPCでMOVを見てもカクカクかも知れん、
 そこは知らん)


さーて、
ここからが旅の始まりです・・。

まずはいらんとこは切って編集しなきゃ。

ムービーメーカーは
MOVは認識してくれまへん。

MOVが編集できるソフトを探してダウンロード。

カクカクした画面見ながらやけど
編集できた♪

けどこいつは結合まででけへんくて、

だってさ、
藍染さんとベンチャーズとジャズと
一つにまとめたいじゃん、

やし、
結合ソフトを探す。

見つけた→ダウンロード→結合。

よーし、
これでMOV動画の編集終了!!

あとは
DVDに焼くだけ!!

MOVをDVDに焼ける形式に変換してくれるソフト探して
ダウンロードして、
何時間もかけて変換して、

それを焼いてくれるソフトを探してダウンロードして、

何時間もかけて焼き焼き・・。

焼き上がり!!

嬉しげに見る♪

あれ??
音ずれしてる・・。

ソフトがあかんのかなぁ・・。

もっかい別のん探して
もっかい焼いてみよ・・。

別ソフトで何時間もかけて焼き焼き。

できた!!

あかーん!!
やっぱ音ずれしてる!!

分かった・・。
こうなったら
音ずれ修正のソフト使ってなんとかやってみよう!!

動画の最初の方のずれを修正できた。

中盤を見てみる。

あかん、
ずれてる。

最初から最後まで均一にずれてるものなら
修正できるらしーねんけど、

最初からちょっとずつ
ずれ幅が広くなっていくものは
修正できないらしー。

WMVはずれないのに
MOVはずれる。

この辺については
miyanさんよー分からんけど、

とりあえず、
オンボロのmiyanさんPCでは対処しきれない
サイズの大きさが原因なんだろうと・・

そうゆうことにして・・

やめたやめたやめた!!

もうしんどいわ!!

初めてのことやし
ほんま手間取って、
時間はめっちゃかかったし・・、

文句があるなら自分でやれ!!

と、

皆さんゆうたって下さいw


あとは・・
ファイルバンク??みたいなの??
そんなんで、
でっかいMOVを送りつけたり
できるのがあればええなぁ思ったり・・、

はするけれど、

一旦終了!!

次はようつべ!!

いままで上げてるものは
まだまだ序章です。

これからどんどん
いろんな意味でスパークして参りますので、
どうぞお楽しみにw

http://www.youtube.com/user/aizomenostalgie


実演 23rd  by kojikoji  

今回のレポも
長いよ


終わりました、実演23rd
月影アルペジオvol.3
サブタイトルをつけるなら、「miyanの徳のなせる夜」とでも申しましょうか・・・。
ま、このへんは後述

毎度毎度濃い~くなってく
藍染がトリをつとめるライヴイベント「月影アルペジオ」

今回ワタクシ
大きなポカをやってしまってまして・・・
「今年の月影、7月30日はどう?空いてる?」と、ミヤン。
「そんな先の予定なんかないしガラ空きやで、いけるよ。」と、わたくし。
そんな会話をしたのは今年の3月頃だったか・・・?
なのに
「専門学校のスクーリング(通信課程でも授業に行かなアカン日があるんです。)と重なってるや~ん!!!」と気づいたのが5月頃だったかな?

時間までかぶることはなかったが
当日の練習が出来ない不安の解決が課題
さてさて・・・
ひたすら謝るコジコジさんでした。

伴奏カラオケを早めに提供して練習の機会を増やしてもらって完成度を上げる。
少しでも早い時期に伴奏の形を完成させようと
いつもよりは急いだ感があった。

曲はだいぶ前から決まってたな・・・

キーを決めたはいいが
伴奏アレンジが・・・またこれ・・・時間かかったよ・・・とほほ

んが
終わってみれば
いいレパに仕上がったと思う
自画自賛ですが、どれも気に入ってます。

たくさんのお客さんに観てもらい
あの場の雰囲気とゆーか
アフターのセッションタイムとか
出演者の交流場面やらやら・・・いい夜でした。
自分らのレパのおもしろさが
あの夜の盛り上がりに欠かせないものになってたという事実と自信を
じわじわ実感できたいい実演でした。

まぁ、そう言えるような
レパに仕上げるまでにモンモンモンモンしたわけですが、
結果があれで
ほんとによかったです。  



月影アルペジオ VOL・3

トップバッター
歌謡曲コピーバンド 「スターダスト」
去年の12月、ページワンで対バンさせてもらいました。
「これぞ、歌謡曲」ですね。

つづいては
ジャズコンボ「オレンジ・キャッツ」
miyanが、藍染とは別で歌いにいってる(?)セッション仲間(らしい)
さすがジャズ。


客席でじぃ~っと観てられる余裕がないので
何度も出入りして
店の外でギターの練習をする
おちつかない・・・・・・・・・
昼間に練習できなかったと言う事も原因だろう。
自業自得

ビクビクしながらでも
もう20回余り実演やってきてんだ!と開き直り。w
始まりました。

CIMG0285_convert_20110801235648.jpg
衣装、
夏はやっぱりアロハかな・・・


1 ダンシング・オ-ルナイト

だいぶ前からmiyanがやりたがってた曲。僕も大好きな曲です。
哀愁たっぷりなメロディですよね~
好きなんだけど、どう聴いてもこれはバンドでやる曲でしょぉぉぉ~(汗)
それを・・・
「変態ギター」とおだてられちゃ
頑張ってみようと思うわけですが・・・
アップテンポにしてみる?
ファンク調?
やっぱボサノバ?
ラテンな雰囲気はくずせないか?
間奏どうしよう・・・モンモンモンモン・・・・・
結果
ダンシングというタイトルからくるリズミックなノリよりも、歌詞の内容を重視した感じに仕上げることで落ち着いた。間奏もそのまんまコピーしたことで、それが一番しっくりきた。
欲を言えばナイロン弦ギターでしてみたかった。



2 お熱いのがお好き

いつかのブログで、しいなりんご嬢のカヴァーが流石だと言ってた覚えがある。
コード進行は、そのカヴァーバージョンを参考にした。
間奏は
何かいいネタないかな???といろんなCDを「ながら聴き」してると
♪ターリラーリラーンララーのメロを思いついた。
ただ、、、ギターの指板上に左指が密集してしまうので弾き辛かった。。。使用ギターの弱点を発見した。


3 横須賀ストーリー

ま、正直、あまり好きじゃなかったんです。
これっきり~これっきり~て同じ言葉が何回も出てくるとこが。
「歌ってて飽きへん?」とmiyanに訊ねたこともある。
“百恵ちゃんの曲は、一度やっておかなくては!”と思いながら
個人的にはこの曲よりか「美サイレント」の方を推してたんですが・・・
しかし、やってるうちに好きになった。

メロにあわせてベースも動くソロ。
あまりやったことないので、不安を軽減するための策として、ゆっくりめのテンポで弾き始めたけど・・・
遅くなりすぎたかな・・・


4 YaYa~あの時代を忘れない

つきつめれば
もっともっと込み入った小技連発的な伴奏も考えられただろうが
シンプルにするのが美しいかな?と・・・
(ただの手抜きでコードアルペジオしてたんちゃいますよぉ。いちおw)
miyanに送るためのカラオケを録音する際、12弦ギターを使ったら、これがまた「うつくし」かった。
ステージでは出来ないのが残念。
また、スタジオ撮りでようつべにUPするかな?

5 キャッツ・アイ
ダンシング・オールナイトの伴奏を考えてると、キャッツアイに使うほうが合うなと思ったり、
逆も然り。
2曲の伴奏パターンがごちゃごちゃになってしまってました。
ど~したらえ~ね~ん・・・
「この曲キラ~イ」とmiyanにこぼしたこともある。
ファンクっぽくしようと二つのコードを4拍ずつで繰り返すリフを考えた。
それはそれで、miyanにもウケてたけど、どうしてもサビ部分には合わず、ボツ。。。
どうにかこうにか、ヤケクソ的な簡単シンプルなアレンジになりましたが(手抜きちゃいますよw)
練習してるうちに楽しくなってきた。
♪~ミステーリアスガール・・に入る手前のブレイクでディレイをかけたくなるのは、ギタリストなら誰しもでしょう。


6 東京ブギウギ

やったぜ!はまったぜ!
せとうちしょうねんやきゅうだん、だぜ。
間奏に迷い迷い迷い・・・・みつけたときのウレシサたるや!!!
miyanも跳ねるリズムで歌うがいいか・・・ストレートなリズムにするのがいいか・・・?と悩んでた。


でね

対バン
スターダストさん、おれんじ・きゃっつさんらの
バンド編成での厚い音が続いた後の我々のステージ
ギターと歌だけの少ない音
そら
硬かったですわ。
1曲目の最初の音を出す怖さ。
でもでも
次第に
たくさんのお客さんの声援・手拍子で気持ちがラク~になって
最後はブギウギでウキウキになって


待ってましたのアンコール!

1 恋の季節

だいぶ以前からレパにするべき曲ではあったんだろけど
なんでか後回しになってて
去年、スターダストさんがやってたのを観てからかなぁ・・・
ある種の対抗意識かな・・・

最初は僕もコーラスをやることになってたんやけど
miyanとのキーがあわなくて・・・不安定な音程のコーラスがメインボーカルの邪魔になるので・・・

んで、どーしよー・・・なんですが
スタジオ練習時
「Em」ではなく「E7(+9)」を弾いてみたらハマった!
「E7(+9)」はジミヘン・コードと呼ばれる代物でして
6弦解放弦を2回ジャンジャンって(8分オンプ×2)弾いて、このコードをすかさず弾く(4分オンプ×1)と、誰もがいっきにジミヘンになれる魔法のコードなんです。

なら、いっそ、パープルヘイズにしちゃえ!
ジャンジャンジャーン、ジャンジャンジャーン
・・・まてよ
どっかで聴いたことあるな・・・

GO!GO!7188もやってました。

ま、いっか!w

ついでに!
♪わーすれられないのーのあとは、コードが「C」なんですが、ロックっぽくしたくて「Am」にしました。
でもさらにロックっぽくしたくて「A7」にしました。


2 大阪ラプソディ

これをやらんままステージは降りないぞ、と・・・・



これで
藍染さんの演目はおわりです。

そして
ページワン名物
参加者&お客さんごちゃまぜセッションタイム!
なのですが

その前に
出演者での
「ルート66」
miyan発案です。
話をもらった時点では“ジャズィーなソロを考えとこ!”とノリノリでしたが
・・・・
すんません
アドリブは不得手です。。。

わ!わー!わー!わーわー!
ギターアンプのセッティングもままならないまま
しっちゃかめっちゃか
結局、ロックンロールになってしまった。


なんかしらんけど
たのしーなー
たのしーなー


はい
これで
藍染さん
よーやくビールが飲めます。

たくさんのお客さんにかこまれて
好きなことを披露できて
しあわせ

実演してステージを降りるたびに、首をかしげたり、でっかいため息ついたり、うなだれるような
自責の念ばかり思うような
過去に何度も味わったような情けな~い思いは
もうしたくないと挑んだ
月影アルペジオvol.3

しばらく実演できなくなるので
しょーもない出来にはしたくなかった

細かい失敗はやはりまだまだあるけど
満足感の方が大きい

ひとり
ニヤニヤ自己満足で
ビールを飲んでいると

「ベース弾ける?」と声をかけてきてくれたのは
スターダストのギターさん

てなことで

☆ ベンチャーズ・セッション・タイム!!
多分、スターダストを観に来られた方?がリードギターを弾く。
まともにコピーしたことはないけど、有名曲は知ってる。
今となっては1年に1回くらい、ベンチャーズのCDを聞くときがあるけど・・・
安請け合いしたものの
ベースってやっぱり弦が重い(そりゃそーだ当たり前だ)途中からへばってしまった。
そんなにでかい音にはセッティングしなかったので
間違いもバレてないような気がする。(w)
ステージ上では、「次、かやまゆーぞーする?」とかの会話が為されてて
知らない曲だったが、スターダストのギターさんの左手を見ながら
だましだまし弾き逃げし(ても)た。
でも
やっぱ楽しいや
あれが1時間続くと(ベースを肩から下げ、立ちっぱなしで居られる体力なんてないけど)
“ギター弾きたい~”ってなるんやろけど・・・

ベンチャーズ世代ではない分、いい体験をさせてもらいました。
うれしかったです。


☆ ジャズスタンダードセッション

たくらんでたmiyan

miyanが歌うのを客席で観るのは慣れてないから変な感じだw

これまたベースを任されたが
放任しちゃった。アハハ
ちょうどトイレからか帰ってきたHWOの木管くんを代役にまつりあげちゃった。ゴメンよw。
だって彼は
楽団のパーティーでいつもベースを弾いてる人だから。

あれれ??どっかでみたドラマーがおる。w

わーわー
わーわー

ひと段落して
・・・
どんななってたんかなこん時
あまり記憶にないや

みなさん歓談中やったんかな?

スターダストのギターさんのクラシックギターを借りて弾いてたんは覚えてる。

ま、正直
事前に、miyanがジャズを歌うとゆーことを聞いて
“ほんならオイラも!クラシックギター弾きたい”とは思ったが
ちーっとも練習出来てなかったし
またの機会でえーかー・・・と



マスターが歌ってた。
スターダストのドラマーさんがリズム刻んでた。

みんな
客席のみんなが
おもろがってた
たのしんでた。

いい夜だった。
いいイベントだった。

いいひと達が集まってた。
音楽好きなひと達が集まってた。

miyanから発信された
エネルギーが
縁をよんで
あの夜会ができた。

オイラはギターひくだけ。w



個々に名前は書けないけど
みなさん
ありがとうございます。

また、楽しみましょうね。
もっと
さらに
楽しみましょう。

ではでは。。。




次回実演予定!!

twitter

プロフィール

メールフォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム