藍染色眼鏡。

大阪で活動中、『藍染ノスタルジー』の二人が綴る、眼に映る物映らない物。

ツィート  by kojikoji  

ライヴレポの方は後日になりますが

ひとまず

みなさん
ありがとうございました。

暑い夏の夜が
さらに
熱くなった
谷六の夜

お客さん
出演者さん
マスター&ママさん
お友達
相方

ありがとうです。

へたっぴギター弾きな僕ですが
おもしろい夢が
かなえられて
しあわせです。

みなさんのおかげです。

ありがとうございました。

近いうちにレポあげます・・・。

本日が月影3。 by miyan  


オレキャさん
リハ開始。

藍染さんの
出演者の皆さんの
お祭りが始まりました。

よっしゃーー!!

そ゛っ by kojikoji  

ギターは
ウレタンか何かの
ソフトなケースに入れて
持ち運びをする

んが
昨日
ショルダーストラップの
プラスチックパーツの損壊により
ケースもろとも
スルッと地面に落ちてしまった。
「ガスん」っ音がしたよ

背負っていたギターを
下ろそうとしたとき
右肩を抜いて
左肩にまだストラップがかかってるはずなのに
ちょうどそんときに
パキッて破損したみたい


中身は
大丈夫だった


しゃーない
右肩だけに掛けて持ち帰ったよ
もちにく~…

まだ自分が学生だった頃は片側の肩にしか
ぶら下げるストラップがついてないのがほとんどで
きょーびの両肩背負い方式のケースは
当時のんに比べれば
なんと
運搬しやすい形だろーか

てか
縫い合わせがほつれてくるなら話しはわかるが
結合パーツが
真っ二つってありえないなー…
   こじ

つーかーれーたー・・  by miyan  

やっとこ
お衣装が決まりました。

何となく
こんなんでいこうゆう話はあっても、
実際考え始めたら決まるまで、
長い道のりなんよねぇ。

息絶え絶えです・・。


今週の月曜夜から
具体的に探しだして、

空いた時間は、

ゆうか、
空いてないのに
無理くり空けて、

なんもかんも後回しにして、
夜中に

わー
アレもコレもしてないー・・

ゆうて、
頭の中はお衣装のこと悩みながら
コレは片付けたり、

いっか
明日で・・

ゆうて、
アレは次の日送りにしたりして、

もうこうなると
他のことは全く頭に入ってこないゆうか、
PC前には座ってるけど、
見てるのはお買い物サイトばっかで、
他開けることは全くしないゆう病み様・・。

火曜の夜も
病みまくりまっしぐらで就寝5時、
一時間半後に一回起きてまた布団へ、
そんまま昼まで寝て、

その余韻ゆうか疲れか、
今朝も昼前まで寝てしもたやないかー。


リーダーからの
「オケ送りました」メールも
返信後回し。

桶屋行こう思っても、
どうにもこうにも
PCから離れられないのよ。

困ったちゃん!!

ここ二・三日のmiyanさんは
こんな感じでございましたー。


何がそんなに時間がかかるんさ!!と
皆様はお思いになられるでしょう。

昨年の月影2は
おそろのTシャツでいきました。

これはそう大して時間かけずとも、
ええデザインさえ見つければ、
サイズ違いで二枚注文すればええだけだ。

ほんまそない時間かけてない思うー。

けど、
今年も同じ
なんかのおそろで
とゆうわけにはまいりません。

なぜならそれは
藍染さんだからw

いや・・

ここで説明するには
テキスト枠倍になるくらい長文になるけん、
やめとくけんねw


んで、
決めたコンセプトを元に、
まずはmiyanさんが何を着るかを決めて、
リーダーに何を着せるか着てもらうかを決める。

約一日かかって、
コレ!!ゆうんを見つけたmiyanさん。

「コレ着たいんで、
 こんな感じでいってもらえます??」
ゆう打診をする。

「えー・・。
 俺似合わへん・・」。

この辺はですね、

衣装なんやから
一回こっきりでもかまへんし
少々派手でも平気

ゆうmiyanさんと、

もったいないから
普段にも着たいし
いくら舞台ゆうても俺は俺

ゆうリーダーとの
考え方の違いの現れでもあるわけだ。

そこについては
ヒトそれぞれでございますから、

わかったでござるよー

と、
丸め込むよーなことはしないわけだ。

ただし
ゆうとくが、

星の王子様みたいなん着ろとか、
ヒトを陥れるようなことは
全くもってゆってないw


しかし、
それゆわれちゃって、
もっかい0からの出発となってしまった。

miyanさんが提示したものが、
usedの一点ものであったがためだ。

色違いがあれば、
まだ対応できたんでしょうが。


ググる

とあるお店の
とある項目を開ける

えー
全部で30ページ見ろってか!?

見るよ・・
ええのんあるかもやし・・

しかし意外と
そーゆうとこにはええのんない(泣)

違うお店を開ける

えー
ここも30ページ??

適当に10ページくらい見て
違う店にしよ

けど結局
切り時が分からず全部見る

眠い・・

あかん
寝てる場合ちゃう

はよ決めて
はよ練習せんなやし!!

何時間も経過・・

よし
これでいこう

ぜーぜー・・

「これでいきたいんですけどー」

「ええやん。
 ほんなら俺はこんなこんなで」

えっ・・
そっちなのか・・

ま、
いいや

疲れた・・

じゃ
miyanさんコレにして・・

発注!!


みたいなとこで、
今回すこーし妥協が入っておりますが、
なんとかかんとか決まりまして、

その妥協もヒトが見たら、
別そんなんどーでもええ
的なことであろうと思いますし、

コンセプトもハッキリしてるし、
お店の雰囲気にも合ってるし、

めっちゃステキだとは思うのよ。

ただし、
次からは
先にリーダーに決めてもらおう思う。

そっちの方が絶対早いw


昨日発注したお衣装、
もう今日発送してくれるんだってさー。

明日とか届くかも知れないなー。

実際着てみて、
似合わんかったら・・。




もうmiyanさんは
悩んでる時間ありません。

笑ってくらさい。

それも藍染さんゆうことでw




にゃ
まだアクセ類で悩まなあかんねんけど



先週の土曜日♪  by miyan  

ページワンに
お友達のライブを観に行きましたー。

マスターにご挨拶いつ行こう思ってたとこに、
お友達から「ライブします」のお知らせがあって、
あんヒトらおもろいし、
日程もちょうどいいし、
ちょうどリハ入れたし、
是非二人でお邪魔しよーゆうてて。

ほんまは
一発目の方から
観させてもらうつもりやってんけど、

なんやリハが白熱してしもて、
着いたら二発目さんの終わりかけやって、

まぁ・・
藍染さんも本番直前なんで・・

どうか許してやって欲しいわけよ・・。


トリがね、
去年月影2に出てくらはったバンドさんやねんけど、
構成がおもろくてね。

ラジオの生放送を模した感じで、
「誰々さんからリクエストを戴きましたー」
とかゆう感じで、
終始やってかはんねんけど、

去年見た時、
衝撃受けたわー。

こんなんあり!?

ありや!!

みたいなw

当然
そーゆうのでやってはる知り合いとかおらんし、
スゲー!!みたいな。

メンバー君に
「よー思いついたよねぇ」ゆうたら

「僕らMCとか下手なんで、
 キッチリ構成決めてしもた方が楽なんですよ」
って。

いや・・

藍染さんも
キッチリ決めてるつもりなんやけどなぁ・・。(汗)

音楽ってさ、
いや、
音楽だけに限らず、

表現の方法って、
探せば探すだけあるんだろね。


楽しいステージが終わって、
お客様は帰っていかはって、

出演者のみんなは
丁寧にマスターにご挨拶して帰って行かはって、

さて、

残ったのは
藍染さんと
いつものドラマーw。

どうしましょ・・。

miyanさん。

まだ帰りたくなーーーーーいのーーーーーー!!

なもんで、
「マスター遊ぼうよー」
みたいな♪


マスターね、
「ギター買ってん♪
 見て見て♪」
ゆうて嬉しそうに出してきはって、

って、
それはmiyanさんとドラマーには
ほぼ用事ないわけで、

ほぼリーダーのみにゆうてはるわけでw

「ほほー・・」
なんて言いながら
言葉少なにマスターのギターを爪弾くリーダー。

かと思えば、
マスターのブルース弾き語り講座♪

かと思えば、
リーダーがマスターの譜面見ながら
梓みちよ弾きだしたから、
miyanさん歌ってみてんけど、
キーが高過ぎて超ファルセットでキモかったw

かと思えば、
リーダーが
「マスターに聴いて欲しいんですよー」。

爪弾くは「みだれ髪」のイントロ。

miyanさん、
相当酔いながら1コーラス歌唱。

ママが
「声ええわー、ステキー」って
褒めてくらはったー♪

かと思えば、
miyanさんのビールが転倒w

かと思えば、
「セッションしよーよー♪」

「おとうちゃん(←ドラマー)アレ知ってるやろ??
 コンガ叩いてー。
 マスター、 
 ブルースハープはー??」

マスター、
どっかに仕舞い込んでしもてたらしく、
ママと、

「どこやったっけなぁ・・」。
「あそこちゃうの!!
 すぐどっかやるんやから!!」。

みたいな、
普通の夫婦の会話がおもろかったw

無事ブルースハープは見つかって、
スタンダードジャズセッションー♪

おもろかったー!!


と、
そんなこんなで
夜はとっぷり更けまして・・。

「30日!!
 よろすくお願いします!!」
とご挨拶して、

千鳥足で
お店を後にしたのでしたー。

どんだけ飲んだやろ・・。

miyanさん、
酒弱いくせに・・。(汗)


帰りしは、
とにかく止まってるとこでは
ずっと寝てたのでw
余韻に浸るのは翌日になってからやったけど、

おもろいリハして、
おもろいライブ観て、
おもろい時間過ごして、

miyanさんは
とっても幸せでしたー♪


今週土曜もね、
リーダーはご出勤やから残念ねーやねんけど、
miyanさんはある方とデートなのー♪

偵察ついでのw

うふふ♪

金曜の夜こそ、
二日酔い予防!!

ハイボールは二杯まで!!w


生@リハリハ by miyan  


ここんとこ

リーダーはアレンジに悩み
miyanさんは歌詞のツマリに悩み

いやいや
お互い他にも
考えなあかんこともあるわけよ。

月影まで
あと三週間だよ。

まだまだか?

いや
そんなんゆうてるうちに

わーわー明日やー!!

になるのが
いつもの藍染さんですw

ってかー

いまさらキー変えてとか
ないんちゃいますのん。

あんだけ悩んで決めたんにっ!!



キレてないからw

林檎忌。  by miyan  

ちょっと前に
イトコ主催の飲み会に呼んでもらった。

そこにはイトコとの共通の友達もいて、
久しぶりに会ったそのヒトに言われた一言。

「音楽頑張ってるなぁ。
 家系なんかなぁ」。

イトコの父、
つまりmiyanさんの叔父さんは、

なんか・・
ギターを作ってるヒトで・・
miyanさんはよく知らないのであるが、
その世界では有名なヒトらしく、

昔、
楽器屋さんをやっていた先輩に
その名前を言ったら、

「ひえー!!
 まつむらギター!!」

とひっくり返っておられて、

もちろん、
リーダーも知っていた。

そしてその息子、
つまりイトコであるが、

ヤツは小学生の時、
リコーダーの大会で日本一を取った。

中学はmiyanさんと同じくブラバンだったが、
高校で何故かサッカー部に入り、
miyanさんはそれを聞いてひっくり返ったけれどもw
その後芸大に入って、
ずっとなんか音楽に関係する仕事をしている。

(らしい)

おとん繋がりのイトコである。

確かに
うっすら家系なのかも知れない。

しかし、
うちは居酒屋だ!!

おとんは高校受験を失敗してすぐ修行に出て、
それから生粋の板前人生だ!!

おかんも
音楽らしいことは何一つしてはいない。

「関係ないわー」。

miyanさんは
そのヒトに言った。


しかし、
うちのおとんは歌好きではある。

仕込みの時は有線の演歌チャンネルだとか、
買い込んだカセットテープを流し、
ノリノリで魚をさばいたりしている。

駅からだいぶと離れた位置にある居酒屋である。

うちに飲みに来てもらおうと思ったら
お付き合いも必要である。

大体は別のお客さんを誘い、
休みの日曜の夜、
「しんどいわ・・」と言いながら、
でもパリッとノリの効いたシャツを着て、
鼻歌を歌いながら
カラオケスナックへと出て行くのである。

時々、
miyanさんにも動員がかかった。

「みーちゃん、
 ○○ちゃんのスナック付き合ってくれへんか??」。

「別かまへんけどー」。

まだお酒を飲んではいけない時分の
miyanさんやけども、

ま、
その辺は

居酒屋の娘ゆうことでw


スナックというところは、
カラオケを歌ってもらうことも売り上げになる。

「みーちゃん、歌いや」。

最初は戸惑ったmiyanさんだけれども、
何度か行くうちに
何を歌えば喜ばれるか分かった。

miyanさんはよく
定番的なところで、
美空ひばりの歌を歌った。

川の流れのように
真っ赤な太陽
愛燦燦
東京キッド
港町十三番地

などなど。

他の誰かの歌を歌うより
美空ひばりの歌を歌った方が、
ママもその店にいる他のお客さんも
喜んでくれていたし、

「娘さんにひばりちゃん歌ってもろてー」

リクエストがかかることもよくあった。


そうやって歌っているうちに興味を覚え、
テレビに出ているのを見つければ
食い入るように見る。

「すごいヒトなんやなぁ・・」。

「歌上手いなぁ・・」。


miyanさんが
美空ひばりの訃報を知ったのは、
その頃通っていた専門学校の帰りである。

新大阪で電車に乗った途端、
前に座っていたおじさんのスポーツ新聞の見出し。

「ひばり逝去」

手塚治虫もちょっと前に
亡くなったとこだった。

「日本はこれからも
 大事なヒトをたくさん
 なくしていくんだろうな・・」。

走り始める快速の中で、
そんなことを考えていたように思う。


こないだNHKを見ていたら、
「今日は美空ひばりさんの23回忌です」。

そっかー。
そんなに経つんだなぁって。

いい歌で売り出しても、
すぐ忘れさられるヒトもいっぱいいるのに、

ひばりちゃんのことは
誰も忘れないんだよなぁ。

そこ思うだけでも、
ほんまにすごいヒトなんだなぁ。

23年経ったいまでも、
きっとずっとずっとこれから先も、
すごいヒトなんだろうなぁ。

塩屋岬の歌碑が映る画面を見ながら、
そんなことを考えていたmiyanさんである。


ひばりちゃんの命日を
「林檎忌」と呼ぶのだそうだ。

美しいな。


藍染さんが美空ひばりの曲を演ろうと考えたのは、
第五実演、
リーダーの元お勤め先での実演に向けてである。

「おじいちゃんおばあちゃんに喜んでもらうには」。

二人で考えた結果であるが、
すぐに答えは出たように思う。

その後、
「この中から選べ」と
なんか山ほど美空ひばりの曲を
PCメール添付にて送りつけられたが、
miyanさんはそれを選んだ。

リーダーが送ってきた曲が
あまりにもマニアに思えたのと、

(これぐらい知ってて普通や
 みたいなことを言われた記憶あり)

女の悲恋を歌ったその歌を、

叙情深く、
歌詞の至極美しいその歌を、

歌ってみたいと思ったからである。

難しいのは分かっていたけれど、
美空ひばりの歌で
簡単な歌などあり得ないものね。


かくして
http://www.youtube.com/watch?v=4Tq_pLS16Ko
藍染さん、
実演では4回目に演ったこの曲である。

お客様の客層を最重要視しての選曲だったわけだが、
予想以上の反響に
藍染さんはびっくらこいてしまい、

miyanさんは・・
つい笑ってしまって・・。(汗)

ほんまに情けないことに
歌詞を間違ってしまっているので
あぷるつもりはなかったのだが、

まぁ・・
この際なんでw


この日の実演において、
一番の拍手喝采だったと思う。

あの場におられた
たくさんのおとうさんおかあさんにとっても、

美空ひばりと言うヒトが、

ずっとずっと
すごいヒトであり続けている証拠である。


歌っていない時のmiyanさんは
笑ってしまっているけれど、

歌っている時のmiyanさんは
その悲しい歌の世界にいました。

1988年4月東京ドーム。
YouTubeを何度も見た。

どうしたら
聴き手をこんなに悲しくさせることが
できるんだろう。

幼少の時から約50年、
歌一筋で生きてきたヒトである。

ゴシップ的なことなどどうでもいい。

miyanさんなどには決して分からない、
miyanさんなどには計り知れない、
何か。

miyanさんは、

人生においても
何においても

修行が全く足りなさ過ぎるのである。


次回実演予定!!

twitter

プロフィール

YouTube

メールフォーム

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

QRコード

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム